新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【2018USJモンスターハンターザリアル】AR拡張現実×ウォークスルーでリアルな狩体験!

今年はついに、ついに、リアルなハンター体験ができる!

2018年1月19日~6月24日の間、ユニバーサルスタジオジャパンでは「ユニバーサル・クールジャパン2018」が開催されます。

ファイナルファンタジー」、「セーラームーン」、「名探偵コナン」など、その詳細が続々と明らかになっています。

今回ご紹介する「モンスターハンター」はこれまでとはまったく別のアトラクションになる様子。

AR(拡張現実)で再現されたモンハンの世界の中、ウォークスルー型アトラクションで、実際にリアルなハンター体験ができるようです。

皆さま!ひと狩りいこうぜ!

クールジャパン2018「モンスターハンター・ザ・リアル」はなんとウォークスルー型!

【モンスターハンター・ザ・リアル基本情報】

出典:usj.co.jp

  • 開催期間:2018年1月19日(金)~6月24日(日)
  • 場所:ステージ18
  • チケット:エクスプレスパスあり(WEBチケットストア
  • タイプ:ウォークスルー型アトラクション
  • 年齢制限:小学生以上
  • 身長制限:100cm以上(100cm以下は正常に動作しない可能性があり)

整理券は配布されず、エクスプレスパスが発売されます。基本的には待ち時間を待機すれば体験することができます。

USJ初のAR(拡張現実)導入というだけに、ファイナルファンタジーXRライドと並んで100~150分以上の長い待ち時間が予想されますね。

AR(拡張現実)がUSJパークで初めて導入

クールジャパンにはおなじみの顔となったモンスターハンターですが、今年はこれまでにない進化を遂げます。

昨年(2017)のモンスターハンターリアルは大人数を収容するパノラマ(パネル)シアター型アトラクションでした。

「狩る体験」ができるという触れ込みでしたが、蓋をあけると「タイミングを合わせてボタンを押す」というちょっと寂しい内容でした。

しかし今回USJから発表された資料によると、なんと2018年度はウォークスルー型のアトラクションだそうです。ユニバのことです、単に歩いて回るだけではありません。

なんと!AR(拡張現実)でリアルなハンター体験が出来るというもの。

出典:usj.co.jp

AR(拡張現実)で再現された世界の中を楽しむウォークスルー型アトラクションは、ユニバでは初めての試みとなります。

夢にまで見たリアルなハンター体験ができる!

ユニバの最新鋭の技術(AR)を使ってリアルなモンハンの世界の中、ゲストは装備して武器を手に探索ができます。

ユニバによると「武器を構え、強大なモンスターと対峙する」のだそうです!

しかも、あの「大剣」をはじめ、いくつかの武器の中から好きな武器が選べ、構え方や振る舞いによって武器がさまざまに変化するようです!

なにこれすごい。

出典:capcom.co.jp

なんだか、本当にできるの!?、本当なの!?、ねえ本当にそんなことできるの!?と思うような内容ばかりですね。

しかしどうやら、本当のようです

夢にまでみたハンターに自分がなれるという、しかもユニバのことです、AR(拡張現実)のリアルさはお墨付きでしょう。

しかも、噂によると、ユニバはテーパマークで使うARグラスの特許を申請中なのだとか!?楽しみすぎますね!

大人気のリオレウス&最新モンスターのネルギガンテを倒す!

クールジャパン2018「モンスターハンター・ザ・リアル」に登場し、ハンターのクエスト対象となるのが大人気モンスターのリオレウスと、モンハンシリーズ最新作のネルギガンテだというから、ファンの心をかき乱します。

どうしよう、飛び下がりながらブレス吐かれたい。

リオレウスとは?

出典:capcom.co.jp

今回登場するモンスターのうちの1体、リオレウスは歴代シリーズを代表するモンスターです。

陸上だけでなく、空中戦を得意とするドラゴンで、首を振りながら口から炎を出しそれを火球として発射してきます。鳴き声を上げながら翼を広げながら飛ぶ姿が非常にかっこいいモンスターです。

ネルギガンテとは?

出典:capcom.co.jp

シリーズ最新作の「モンスターハンター:ワールド」に登場するメインモンスターです。

背中や羽根に大きなトゲがあり、トゲは破壊されても再生し、トゲの巨大化に伴ってネルギガンデの攻撃力もアップしていくというものです。頭部のトゲを武器に突進してきた時の破壊力は抜群です。

ハンターになった自分の姿を残すこともできます!

2018年のモンスターハンター・ザ・リアルでは、武器を構えて自分の何倍もあるモンスターに立ち向かっていくハンターになった自分の姿を調査団の活動記録として写真で持って帰ることができるそうです。

モンハンの世界にいる自分を残せるとは、どんな写真になるのでしょう。いまから凛々しい顔の練習をしておこうと思います。

出典:usj.co.jp

ユニバの最新鋭の技術を使ったAR(拡張現実)でユニバは特許を申請中のようですが、申請が通ると、他のアトラクションにも活用されることが予想できます。

ジュラシックパークやハリーポッターなどは、ますます楽しみが増えそうですね!

2018年もユニバから目が離せそうにありません!

【モンスターハンター基本情報】

ユニバは好きだけどモンハンって何?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?モンハンとは「モンスターハンター」という大人気アクションゲームです。

プレーヤーは調査団のハンターとなって、町の人からさまざまな依頼を受けます。この依頼のことをクエストと言い、注文を受けたアイテムを収集したり、モンスターを倒したりします。

クエストが達成できるとアイテムや報酬がもらえ、それらを使ってさらに装備を強化して、より難易度の高いクエストに挑むというゲームです。

まとめ

まさかAR(拡張現実)でウォークスルー型アトラクションとは、革新的すぎて度肝を抜かれたファンの方も多いのではないでしょうか。

今年も期待して待ちたいですね!

【USJクールジャパン2018まとめ】ファイナルファンタジー&セーラームーン!FF限定グッズも
2018年もユニバーサルスタジオジャパンにクールジャパンがやってきます。 日本を代表するアニメ...

記事を読む