本日よく読まれている記事

【2017夏USJ】ウォーター・シューター種類とお値段は?徹底比較!持ち込みはできる?

クールジャパンのイベントが終了し、今週末からはいよいよ夏のイベントが始まるUSJ!

夏イベント用のグッズや、夏フードも販売されていたりと、パーク内も徐々に夏仕様に変わりつつあります。

今日USJの夏のイベントにはかかせないウォーター・シューターを、画像付きでご紹介していきたいと思います。

ウォーター・シューターが活躍する夏のイベントは?

USJの夏のイベントでウォーター・シューターが活躍するシーンは、全部で4つあります。

①ミニオン・ウォーター・サプライズ・パレード

ミニオンがたくさん登場するパレードです。

ダンスの振り付けにも販売されているウォーターシューターがそのまま使用されています。パレードルートの中で、全部で4か所あるストップ・エリアでは、キャストさんやキャラクター達との水かけタイムが。

筆者は初回このパレードをウォーターシューターなしで鑑賞しましたが、「次は絶対ウォーターシューター持参でこよう!」と、まんまとUSJの戦略にはまってしまったのでした。

USJ2017’ミニオンウォーターサプライズパレードおすすめ鑑賞ガイド!更衣室やキッズエリアは?
USJにびしょ濡れの夏がやってきました! 今年の夏は、ミニオンだらけのウォーターパレードです。...

記事を読む

②ワンピース・ウォーター・バトル

1日4回開催される、毎年大人気のワンピースのストリート・ショーです。今年は、ローやベポが登場するそうですよ。

顔にかけるのはNGですが、ルフィやキャロットにも水をかけ放題。キッズエリアも用意されており、子供におすすめしたいショーです。

USJ《ワンピースウォーターバトル》鑑賞ガイド!体験感想やキャラクターを紹介!
USJの夏のイベント「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」が6月30日から始まりました。 ジョジョ...

記事を読む

③ミニオン・ハチャメチャ・スノー・パーティ

1日3~4回開催される、夏限定のミニオンのストリート・ショーです。ゲストに向かって雪を放出しようとするのですが、まさかの水量不足に見舞われるミニオンたち。

こちらもキッズエリアが用意されており、的に向かってウォーターシューターで水かけをして水を補充してあげよう!という内容です。

《ミニオンハチャメチャスノーパーティ》鑑賞ガイド!真夏のユニバに雪が大量!
USJで夏限定、ミニオンの新しいストリート・ショーが始まりました。ユニバーサル・サマーフェステイバル...

記事を読む

④サマースプラッシュ・マーケット

いろんなフードやゲームなどが集まったマーケットです。その一角に、自由に遊べるシューティング&ウエット・ゾーンが新しく登場しています。

的に向かって水をうっていると、突然、容赦なく大量の水がふりかかります。この夏一押しの避暑スポットですね!

USJ【サマースプラッシュマーケット】スプラッシュ自販機や限定フードをご紹介!
USJの夏のイベントが始まったと同時に、夏バージョンのマーケットもOPENしました! ひんやり...

記事を読む

使用できるのはパークで購入したウォーター・シューターだけ

USJの夏のイベントにかかせないウォーター・シューター。実は、毎年デザインや仕様が変更されています。

基本的にはパーク内のイベントで使用できるウォーター・シューターは、パークで購入したもの(過去のものも含む)に限られますので、市販されているウォーター・シューターの持ち込みは禁止されています。

①ウォーター・シューター

¥2500

スタンダードな加圧式(ポンピング式)でトリガーが付いているウォーター・シューターです。青い部分が水タンクになっていて、取り外して水を入れて使用します。大きいのでバッグなどに入れて持ち運ぶのは大変なので、肩から下げられるようにストラップが標準装備されています。スタンダードな大きさですので、大人から子どもまで幅広く使えるサイズです。

濡れると色が変わる「的」がセットに!

今年のウォーター・シューターの特徴は、なんといっても「的」が付属している事です。画像のパッケージ左上部分に白っぽい四角に見えている部分がそれです。

折りたたんだ状態で入っているこの「的」は、たすき掛けできるようになっています。乾いている状態では、ほとんど何も見えません。でも、水に濡れるとこの通り!「HIT」の文字がカラフルに浮かび上がってきますよ。

パレードのキャストさんも、この的のたすきをかけていると、すぐ見つけてくれてどんどん水をかけてくれるので、ずぶ濡れになりたい人には特におすすめです!

もちろん、あまり狙ってほしくない時には、たすきを付けないのもアリです。

②ビッグ・シューター

¥3500

ウォーター・シューターよりも、ひとまわり大きいサイズのウォーター・シューターで、どちらかというと大人の男性向けという印象です。

タンクの大きさも少し大きいようです。パレード中は、水の掛け合いに夢中になってしまうので、気付いたらタンクが空で水が出ない!ということもしばしばあります。でも、こちらのビッグ・シューターなら、思う存分楽しめそうですね。

こちらも加圧式でトリガー付きのウォーター・シューターです。

③ミニオン ウォーター・シューター

¥2500

水を入れるタンクがミニオンの形になっているとってもかわいいウォーター・シューターです。ミニオンの部分は、リュックサックのように背中に背負えるようになっています。

シューター自体も、加圧してからトリガーを引いて発射するのではなくて、シュポシュポと加圧すると同時に水が飛び出すタイプのウォーター・シューターなので、操作も簡単です。

また、水が入った重いウォーター・シューターを持ちながら操作しなくていいので、小さいお子様向けのウォーター・シューターですね。もちろん、大人でも背負える大きさです。

ウォーターシューターのフタがなくなってしまったらペットボトルのキャップをつけよう!

ビッグ・シューターなどは大丈夫ですが、人気のミニオン・ウォーターシューターはふたが別になっており、結構紛失する方が多いみたいです。

そんなときは市販のペットボトルのキャップをつけてみましょう。微妙に大きさが違いますが、ちょっと使う分には困らないくらい、閉めることができます。

なくしてしまったときはお試しあれ。

ユニバーサル・サマー・フェスティバル2017の人気記事まとめ
2017年6月30日~9月3日まで開催予定の、夏限定イベント「ユニバーサル・サマー・フェスティバル」...

記事を読む

まとめ

気になるウォーター・シューターはありましたか?

もちろんウォーター・シューターがなくてもパレードもショーも楽しめますが、持っていた方が何倍も楽しめる事間違いなしです。

今年はずぶ濡れになっても着替えることができる「更衣室」もパーク内に登場しますので、ウォーター・シューターを持って、思いっきりびしょ濡れを楽しんでみてはいかがでしょうか。

真夏は特に、濡れると涼しくて、爽快感がとっても気持ちいいですよ!