新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

待ち時間や濡れる座席は?USJジョーズの攻略まとめ!写真撮影スポット情報も

とても大きなサメがぶらさがっているフォトスポットがある場所、アミティ・ビレッジ。その巨大ザメの後ろにあるアトラクションが「ジョーズ」です。

このアトラクションは、映画「ジョーズ」で有名な漁村、アミティの海辺を、ボートに乗ってツアーを体験します。穏やかに始まるツアーですが、巨大なサメが何度も襲い掛かってきたり、ボートが炎に包まれてしまったりと、ハプニングの連続です!

そんなアトラクション「ジョーズ」について、最近の待ち時間や楽しむポイントなどをご紹介したいと思います。

アトラクションの場所は?

出典:http://www.usj.co.jp/serviceguide/parkmap/

ジョーズはアミティ・ビレッジにあるアトラクションです。

エントランスからジョーズへ向かう道は、一般的には赤い矢印の道をたどっていくと、右手側にアトラクションが見えてきます。

赤い矢印の道順の場合、ユニバーサル・ワンダーランドやハリーポッター・エリアへの入口の前を通って行くことになるので、たくさんのゲストで混雑します。

ジョーズやウォーターワールド方面へ向かう場合は青い矢印の道がおすすめです。ハリウッド大通りを直進すると緑豊かなセントラル・パークが見えてきます。その公園の中を通って行くと、出口がジョーズの正面になります。

(ハリーポッターエリアの整理券配布中は通り抜けできない場合があります)

アトラクション前にある「ジョーズ・フォト」

ジョーズのアトラクション前には巨大なサメがぶらさがっていて、フォト・スポットになっています。ここでは無料で参加でき、1グループごとにパークのカメラで1枚、手持ちのカメラ(スマホなど)で1枚撮影してもらえます。パークのカメラで撮ってもらった写真は、専用の台紙に入った状態で確認(必須)し、気に入れば購入するというスタイルです。

かっこいい専用台紙に入った写真は¥1500。写真を買わなくても全く問題ありません。手持ちのカメラの画像でも十分記念になりますよ。

どんなアトラクション?

ジョーズは48人乗りのボートで、水上を巡るアミティ・ハーバーツアーに参加するアトラクションです。ボートにはツアーガイドのクルーさんが先頭に乗り、ツアーを盛り上げてくれますよ。

スティーブン・スピルバーグ監督作品の映画「ジョーズ」のリアルな世界観が広がるハーバーツアーが体験できます。

付き添い者同伴の場合制限なし

ジョーズは、ボートに乗って進んで行くアトラクションなので、回転や落下などはありません。ですので、身長制限がありません。大人の付き添いがあれば、小さいお子様でも体験することができます。

ただし、大人の膝の上に座った状態では参加できませんので、必ず1人で座席に座ることができるのが条件となります。

スリルいっぱいのアトラクション

絶叫マシーンのような大きな動きはないものの、間近に迫る巨大なサメが次々と襲ってくるので、ぐらぐらとボートが揺れる場面もあります。

さらに、薄暗いボートハウスの中に入ったり、大爆発とともに炎上する場面があったり、水しぶきがかかったりと、小さなお子様にはとても刺激が強いアトラクションです。身長や年齢制限がないアトラクションですが、保護者の方が判断してあげてくださいね。

お子さまが怖がったらチャイルドスイッチを利用するのもいいでしょう。

また、夜は昼間に比べて不気味さが加わるので、ジョーズの怖さが際立ちますよ。

座席によっては水がかかる

ジョーズは、水がかかるアトラクションです。特に濡れる場所は、進行方向に向かって左側の座席です。ジュラシックパークや、ウォーターワールドの最前列のような「全身ずぶ濡れ」になることはありませんが、サメが登場する時などに水しぶきが激しくかかります。

特に、5番・6番を中心に前後の座席の左側に座ったら、ある程度の水しぶきがかかるので心づもりをしておきましょう。

カッパを着れば完全防備ができますが、フード付きタオルなどがあれば十分かと思います。

最近の待ち時間は?

ジョーズは他のアトラクションと比べると、比較的短い待ち時間で体験することができるアトラクションです。ボートは48人乗りなので、回転率も早めです。

最高待ち時間は、平日なら40~50分待ち程度。週末で60~70分待ち程度。春休みなどの混雑日でも100分を超えることは少なく、80~90待ち程度です。

シングルライダー対応アトラクション

ジョーズは、シングルライダー対応のアトラクションです。シングルライダーを利用するゲストが少ないので、意外とスムーズにライドできる時もあるようです。

待ち時間が30分以内の場合など、通常の待ち時間が短い場合は対応していない場合もありますので、入口のクルーさんに確認してみて下さいね。

待ち時間の短縮にはエクスプレス・パスがおすすめ

ジョーズは定番アトラクションですので、各種エクスプレス・パスに対応しています。ただ、他のアトラクションとの選択制になっていることがほとんどです。

現在販売中のエクスプレス・パスの中でジョーズが含まれているものは以下の通りです。

サマー・スペシャル・エクスプレス・パス4

(対象期間:2017年6月30日~9月3日(日))

ユニバーサル・エクスプレス・パス5~ドラゴンクエスト・エディション~

ユニバーサル・エクスプレス・パス7~スタンダード~

ユニバーサル・エクスプレス・パス7~ザ・フライング・ダイナソー~

ユニバーサル・エクスプレス・パス7~バックドロップ~

ユニバーサル・エクスプレス・パス4~スタンダード~

ユニバーサル・エクスプレス・パス4~ザ・フライング・ダイナソー~

ユニバーサル・エクスプレス・パス4~ミニオン・ライド~

ユニバーサル・エクスプレス・パス3~ザ・フライング・ダイナソー~

乗りたいアトラクションに合わせて、どれにパスを使うのか選びましょう。エクスプレス・パスは、待ち時間が長いアトラクションほど効力が発揮できるパスです。

ジョーズとの選択肢に含まれているアトラクションの待ち時間と比べて、長い方に使った方がいいでしょう。

まとめ

ジョーズは、ライドだけなら激しい動きはなく年齢や身長制限がありません。大きな音などが大丈夫なお子様やおじいちゃん・おばあちゃんなど、家族みんなで楽しめるアトラクションではないでしょうか。

待ち時間も比較的短めなので、少し時間が余った時などに待ち時間をチェックしてみてライドする方も多いです。

ギミックは同じでも、ツアーガイドさんの演技力によって面白さも変わってきますので、何度でも楽しめるアトラクションですよ。時間があれば、昼と夜と両方体験してみて、違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。