【混雑予想・待ち時間】USJ~バックドロップ~の攻略まとめ

2013年に初めてUSJに登場した、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~

もともとあるジェットコースターのコースはそのまま、乗り物ごと後ろ向きでライドする新感覚のコースターで、通常の前向きと同じコースをただ後ろ向きに走っているだけなのに、景色も浮遊感も全く違うと話題に!

登場した時には最高9時間待ちになったことがある、今でも大人気の絶叫アトラクションです。

今回は、そんなバックドロップの待ち時間や混雑予想、おすすめポイントなどをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アトラクションの場所や入口について

「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」は、「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」と同じ乗り場で体験することができます。

1つのコースに、通常の前向きと、後ろ向き(バックドロップ)のライドが、交代で運行されています。

アトラクションの場所や、入口については、こちらの記事にまとめていますので、ご参照ください。

【混雑予想・待ち時間】ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは怖い?感想と攻略まとめ

バックドロップにシングルライダーはない

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドはシングルライダー対応のアトラクションですが、現在は前向きのみシングルライダー対応となっていて、バックドロップのシングルライダーはありません。1人で乗る場合も、通常の待ち列に並びましょう。

バックドロップが登場してから2~3年ほどは、シングルライダーはバックドロップのみでしたので、今後も変更になるかもしれません。シングルライダーが前向きなのかバックドロップなのか、入口にいるクルーさんに確認すると教えてもらえますよ。

整理券の配布はなし!並べば乗れる

バックドロップは、もともと期間限定で登場したアトラクションだったので、登場した当時は期間内に体験しようとゲストが大勢詰めかけて、最高で9時間待ちになった事はニュースにもなりました。夏場は長時間の待ち時間の対応として、整理券が配布されていました。

今現在は、定番のアトラクションとなっていますので、整理券の配布はありません。他にも人気のアトラクションが次々と登場していて、ゲストが分散されているためもあるようです。

待ち列に並べば体験できるアトラクションとなっています。

最近の待ち時間は?

ザ・フライング・ダイナソーの登場や、ミニオン・パークのOPEN、定番のハリーポッターなど人気のアトラクションに加えて、クールジャパンなどの期間限定のイベントが次々に開催されているUSJ。

ゲストの人気は分散されてはいるものの、定番のアトラクションの中では、待ち時間は常に上位にくる大人気アトラクションです。

200分を超えることは少なくなってきていますが、今でも混雑日は150分~170分の待ち時間になることもよくあります。

最高待ち時間は平日(長期休暇以外)で、60~80分待ち

土日などの週末で120~140分待ちくらいが、最近の待ち時間です。

バックドロップのランク別待ち時間推移

過去365日をS~Fの7段階にランク分けしたときの平均待ち時間FP発券時間です。

バックドロップは1台だけなので待ち時間は長め

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは、前向きのライドが2~3台で運行しているのに対して、バックドロップは1台しかありません。ですので、前向きに比べるとどうしても待ち時間が長くなってしまう傾向にあるようです。

朝1番が空いている

ミニオン・パークのOPEN以降、たくさんのゲストがミニオン・パークへ向かいます。また、根強い人気のザ・フライング・ダイナソーや、海外の方に人気のハリー・ポッターなど、朝1番には、ゲストが分散しています。

バックドロップについても、待ち時間が長くなるアトラクションの1つですし、エントランスから近い場所にあるので、朝1番に向かうゲストも多いです。それでも、朝1番なら30~40分ほど、長くても1時間以内でライドできることが多いので、バックドロップが目的なら、朝1番がオススメです。

待ち時間の短縮にはエクスプレス・パスがおすすめ

アトラクションの待ち時間短縮のコツと言えば、まずは「シングルライダー」をおすすめするのですが、バックドロップは現在シングルライダーはありません。

そうなると、待ち時間短縮にはエクスプレス・パスが1番おすすめです。

USJで販売されているエクスプレス・パスはたくさんの種類がありますが、その中でバックドロップに対応しているものは1つです。

ユニバーサル・エクスプレス・パス7~バックドロップ~

バックドロップ以外にも、定番のハリーポッターなどの体験確約も含まれていますので、主要アトラクションを満喫できるパスになっていますよ。

エクスプレス・パスは日によって値段が変動しますので、販売価格カレンダーをチェックしてみてくださいね。

バックドロップのおすすめポイント

ライドしながら音楽が聴ける

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドの大きな特徴として、ライドしながら音楽を聞けることがあげられます。5曲の中から自分の好みの曲を1つ選ぶと、出発と同時に音楽が始まります。座席の頭の位置くらいにスピーカーが付いているので、隣の人が別の曲を選んでいても、ほとんど聞こえませんよ。

選べる曲目は、不定期でリニューアルされるので、リピーターもとっても多いです。コースは変わらないですが、選んだ曲によって感じ方が全然違ってくる所がとっても楽しいです。

2017年5月現在の曲目リストは以下の通りです。

2017年はクールジャパンの進撃の巨人とのコラボで「リヴァイ兵長ボイス」が聞ける事で話題となりました。今後、夏イベントが始まりますので、また曲目がリニューアルするかもしれませんね!

曲目リストについては、公式ホームページに掲載されていますので、来場前にチェックしてみてくださいね。

ライドするなら夜がオススメ

バックドロップは、前向きと違って後ろ向きに進んで行きます。最初に、ぐんぐん上に上がっていく時には、背中側から釣り上げられているような感覚になるんですが、その時に目の前に広がるのは、パーク全体が見渡せるような夜景です!

最高到達点が地上43mに到着する直前に、思わず息をのむくらいの美しい夜景を見ることができるのは、バックドロップだけです。

前向きとは全然違う新感覚のライド!

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドに乗るなら、ぜひ前向きと後ろ向き(バックドロップ)の両方を体験して欲しいです。全く同じコースを走っているのに、浮遊感も景色も全く違ったものになっているんですよ。

43mからの落下についても、コースが全く見えないのでいつてっぺんに着くのか、いつ落ちるか分からないという緊張感に加えて、まるで空中に放り投げられたような感覚が新鮮です!

さいごに

パーク内でも目玉の絶叫アトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ」。前向きのコースターを、ただただ後ろ向きにしただけのアトラクションなのに、ビックリするような楽しさです!絶叫好きさんにもぜひおすすめしたいアトラクションです。

待ち時間は長めですので、エクスプレス・パスなどを上手に使って楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする