【混雑予想・待ち時間】ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーの感想と攻略まとめ!

2014年7月にUSJにオープンしたハリーポッターエリア。

世界的にも、ユニバーサル・スタジオ・フロリダとUSJにしかないハリーポッターエリアということで、日本国内だけでなくアジアを中心に、世界中からゲストが訪れる場所となっています。

また新しいイベントが始まったり、アトラクションもリニューアルしたりと年々パワーアップしています。

今回は、エリア内最大のアトラクション「ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」の楽しむコツや、攻略方法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ハリーポッターエリア入場には今でも整理券が必要

オープン当初から入場には整理券が必要なハリーポッターエリア。現在もそれは変わっていません。でも、すでに今年で3年目となるハリーポッターエリアなので、整理券が発券されずに自由に入場できる(フリー入場)日も増えてきているのも事実です。

特に長期休暇(春休みや夏休みなど)ではない、普通の平日などは終日フリー入場で、整理券が必要ない日も多いです。土日や祝日などでも、日中は整理券が発券されていても閉園間際になるとゲストが減ってきてフリー入場となる事も。

ただ、昨年はハロウィーン限定でデスイーターが登場したり、クリスマス限定でクリスマスツリーが設置されたりと、シーズンごとに限定イベントが開催されることもあり、そんな時には平日でも整理券が必要な事もありました。

当日、行ってみないと分からない部分が多いので、基本的に整理券を発券するつもりで計画を立てておくとスムーズかもしれませんね。

【2017USJハリーポッター】人気お土産&グッズランキングTOP30!おすすめは?
ハリーポッターの映画の世界がそのまま再現されているUSJのハリーポッターエリア。グッズもとてもたくさ...

整理券の発券場所は?

出典:https://www.usj.co.jp/area/the-wizarding-world-of-harry-potter/enjoy.html#obtaining

整理券の発券機は、パークの中央辺りにあるセントラルパーク内です。パークへ入場したら、ハリウッド大通り方面へ進みましょう。ハリーポッターエリアの入口近くではなく、少し離れた場所にあるのでご注意を。

整理券の発券方法は?

整理券の発券にはスタジオ・パスのQRコードが必要です。整理券の発券は代表者1名でOKです。人数分のスタジオ・パス(QRコード)を持って行きましょう。

グループ全員で並ぶ必要はありません。ただ、ダイレクトインでスマホでQRコードを提示して入場した場合は、そのスマホ内のQRコードが必要になるので、スマホを預けておくか事前にプリントアウトして渡しておくとスムーズかもしれませんね。

整理券は1日1枚の発券

ハリーポッター入場の整理券は、1つのQRコードで1回だけしか発券できません。発券する時には、入場時間帯を選ぶ事ができます。

一度ハリーポッターエリアを出てしまうと、再入場ができなくなります(フリー入場の場合以外)ので、何時台に入場しようかなど、事前に考えておきましょう。

フォービドゥン・ジャーニーは、ホグワーツ城の中にある

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーは、ハリーポッターエリア最奥にある「ホグワーツ城」の内部にアトラクションがあります。

ハリーポッターエリアに入場してから、ホグワーツ城までは直線距離でも300~400mほどあり、ホグワーツ特急など見どころもたくさんあるので人通りも多いです。

エリアに入場してから、大人の足でも7~8分かかると思いますので、エクスプレス・パスなどで指定時間がある場合は、時間に余裕を持って入場しましょう。

最近の待ち時間はどれくらい?

オープンから3年目に突入したハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー。このハリーポッターエリアを1番の目的にやって来るゲストも多く、特に海外からのゲストに大人気のエリアです。

今でもパーク内の”待ち時間が長いアトラクション”ベスト3に食い込んでくるような、大人気アトラクション。

春休み、夏休みなどの長期休暇やGWなどの混雑日は、200分待ちを超えることもたまにあります。でも、ザ・フライング・ダイナソーの登場や期間限定アトラクションなど人気が分散されてきていますので、週末で150分、平日なら100分程度が最高待ち時間である事も増えてきています。

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーのランク別待ち時間推移

過去365日をS~Fの7段階にランク分けしたときの平均待ち時間です。

実は一度リニューアルしている

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーは2年目に一度リニューアルしています。コースや内容は大きく変更していないのですが、2年目からは4K3Dとなって、専用ゴーグルを着用してのライドとなりました。

今まで以上にクリアな視界、立体的な映像で楽しめるので、ますます臨場感のあるライドになっています。

グランドオープンした年に体験済の方も、もう1度体験されてみてはいかがでしょうか。

手荷物はコインロッカーへ

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーは、建物の中へ入るとまずコインロッカー(無料)へ手荷物を預けます。ジェットコースターではないのですが、それに近い結構激しい動きなので、ポケットの中も空にしておいた方がいいでしょう。(チェックはありません)

乗り場までにも見どころがいっぱい!

フォービドゥン・ジャーニーは、建物に入ってから、乗り場までいろんな場所を通って行きます。建物自体はホグワーツ城。ホグワーツ城の中まで忠実に再現されているんです。あのハリーポッターの世界が広がっていますよ。

まずは、動く肖像画がある部屋には、たくさんの肖像画が飾ってあって、いろんなおしゃべりをしています。「闇の魔術に対する防衛術の教室」では、ハリー、ロン、ハーマイオニーに会えますし、魔法を見ることもできます。「ダンブルドア先生の部屋」「太った婦人」など見どころがたくさんあります。

アトラクションは怖い?

ライドは4人掛けです。1席1席の間に壁があるので、前かがみにならないと隣の人の顔は見えません。ハリーと一緒に空を飛ぶアトラクションで、ジェットコースターほどではないですが、回転したり、後ろに倒れたりと激しく動きます。

途中、ふわっと内臓が浮き上がるような感じがするところも。

また、ハリーポッターの物語に登場する”怖い物”が次々と登場します。ドラゴン、大きなクモ、ディメンター・・・。小さい子どもさんは、ライドの動きとは別の怖さがあるかもしれませんね。でも、ホグワーツ城周辺の素晴らしい景観の中を飛んだり、クディッチの試合の中を飛んだりと映画で見た世界に飛び込んだようなリアルな体験ができる、すごいアトラクションです。

キャッスル・ウォークもおすすめ

激しいアトラクションが怖い方や、身長制限でアトラクションに乗れない方におすすめなのが「キャッスル・ウォーク」です。その名の通り、アトラクションに乗らなくてもお城の中を見学できるコースです。

アトラクションに乗る場合と別の順路になるので、キャッスル・ウォークでしか見られない所もたくさん。また、気になる場所では立ち止まってじっくり見ることができますし、写真撮影も自由です。

ライド中の思い出の写真を持ち帰ろう

ライドに乗り終わると、ドラゴンの絵に番号が書かれたカードを渡されます。このカードを持って、アトラクション出口に直結している「フィルチの盗品店」へ行くと、ライド中の1コマの写真を購入することができます(¥2800)。USJオリジナルのかっこいいデザインの台紙に入った写真は思い出になりますね。

ライド中の撮影ポイントはどこ?

気になる撮影場所ですが「禁じられた森」の中。

大小さまざまのクモが登場する場面で、ハーマイオニーのセリフのすぐ後のフラッシュです。余裕があればポーズをとってみるのも楽しいですよ。

さいごに

4K3Dになってから、映像がますますリアルになって臨場感がUPしたハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー。

USJの技術が詰まった、USJでしか体験できない最高のアトラクションをぜひ体験してみて下さい。ハリーポッターの映画の世界に飛び込んだような体験ができること間違いなしです!

スポンサーリンク