新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

雨や混雑日にも!屋内エルモのイマジネーションプレイランド【ユニバーサルワンダーランド】

USJ開業10周年を記念して新設されたユニバーサル・ワンダーランド。

世界イチの親子になろう」は、耳に残る有名なキャッチフレーズですよね。

エルモやセサミストリート、スヌーピー、ハローキティの3キャラクターを中心に、様々なアトラクション、プレイランド、ショップやレストランが展開されています。

今回はセサミストリートをテーマにした巨大な屋内プレイグラウンド「エルモのイマジネーションプレイランド」を紹介していきます。

屋内は空調が効いていて過ごしやすいので、子供や幼児と一旦入ってしまうと、ついつい時間を忘れて居着いてしまいます。特に暑い夏場、雨の日、混雑日といった屋外で楽しむには少々難がある日には、もってこいの施設なんですよ。

エルモのイマジーネションプレイランドの場所

usj.co.jp

エルモのイマジネーションプレイランドがあるのはユニバーサル・ワンダーランドの最奥部、マップの赤矢印の場所です。ハローキティのリボンコレクションや、エルモのリトルドライブの更に奥にあります。

入口付近や通路はベビーカー置き場になっているので、幼児連れの方もスムーズに入ることができます。

珍しい屋内ウォーターコースター!【エルモのバブルバブル】

イマジネーションプレイランドでは唯一のライド型アトラクション。しかもウォーターコースターです!

ゆ~っくりと周回するボートにのって、プカプカと水面を巡ります。クライマックスは思いっきりダイブ!・・とまではいきませんが、軽く水しぶきがあがるほどの落差も楽しむことができますよ。

よやくのり対象

エルモのバブルバブルはよやくのり対象。アトラクションのすぐ奥によやくのりチケット発券機が設置されています。

希望の時間帯を選択すると、約1時間の範囲で指定されます。

エルモのバブルバブルの混雑予想・待ち時間の推移

パーク最奥部にあるためか、閑散期と混雑期の待ち時間の差が激しいアトラクションです。

  • 平均的な休日(ランクB)なら70分程度
  • 平均的な平日(ランクD)なら30分程度

混雑期には、待ち時間を100分を超えることもしばしば。ただし、待ち時間100分!と表示されているのにどうみてもガラガラのことがあります。思い切って並んでみると、表示の半分も待たないことも。

USJではどのアトラクションも待ち時間が長めに表示されていることが多いのですが、エルモのバブルバブルはとりわけその傾向が強いみたいです。

おそらく、よやくのりの中で最も幼児向けのアトラクションなので、できるだけ待たせないよう、かなりの枚数がよやくのりに配分されているのでしょう。

時間になると、よやくのりチケットを持った方がどっと押し寄せてきます。

滑り台にボールプール【バートとアーニーのワンダー・ザ・シー】

続いてご紹介するのは入口右手にあるバートとアーニーのワンダー・ザ・シー。滑り台を挟んで上と下、1階と2階に分かれているプレイグラウンドです。

2階にあるのは、地面に動く水泡が映し出されるアトラクション。子供たちが動く泡を追っかけたり、踏みつけようとしたりして遊んでいます。

壁側には、円筒状の布袋に風を吹き込ませて、まるでこいのぼりのようにヒラヒラと動く仕掛けが設置されています。

つかまえようとしたり、巻き付いてみたり。

下へは滑り台が設置されています。

本当にただの滑り台なのですが、混雑日には長蛇の列ができるほど。安全のため上と下にキャストが配置されていますね。

配置されているのはプレイランドではココだけなので、珍しいです。渋滞すると下にいる子供がつぶされてしまったりして危険ですからね。また年齢確認のためでもあります。

一人で滑るのは3歳以上から。2歳以下なら保護者と一緒に滑りましよう。

滑り台の先は、ボールプールになっています。気持ちよさそうに遊んでいます。

ちなみに写真のシャワーヘッドから、一つずつボールが落ちてきているのですが、どこか下から落ちてきた分を排出しているんでしょうか?

どうでもいいことですが、いつも気になってしまいます。

ジャングルジムにトンネルも【ビッグバードのビッグ・ネスト】

黄色がテーマのビッグバードのビッグネスト・エリアは入口左手側にあります。

結構な高さのジャングルジムがありますが、みんなガシガシ登っています。高さからして滑り台よりもよっぽど危険なのでは?と思いますが、キャストは配置されていません。

実際に近くへいくと分かりますが、ジャングルジムの網目が意外とこまかいんですね。ガシガシ登っていけるくらいの子供なら、下へスルリと落ちてしまうことはないようです。床もフカフカになっています。

ただしたまに降りられなくなって、お父さんが助けにいっている姿も見かけます。

横に設置されているのは、よく見かけるトンネル型のアトラクション。

段差がある中を、登ったり降りたり。

屋内プレイランドは全体的に中が薄暗く、子供を見失いやすいので目を離さないようにしてくださいね。

常設ショーが開催【モッピーのラッキーダンスパーティ】

階段の下にあるのは、ピンクのモッピーエリア。

中央にステージがあり、動くスポットライトが地面を照らしたりしていますが、仕掛けは多くありません。そのため普段は他のエリアと比べると閑散としています。

1日数回、「モッピーのラッキーダンスパーティ」という子供向けの常設ショーが開催されているので、その際は人が集まります。

Instagram

モッピーと、ピンク色の衣装のお姉さんが音楽に乗せてダンスを繰り広げます。ショーの終盤には壇上で一緒に踊ったり、グリーティングタイムもあるんですよ!

比較的空いているので参加しやすくオススメのショーです♪

体サイズの大きな風船【アビーのマジカルパーティ】

ボールプールやジャングルジムと並んで人気エリア、「アビーのマジカルパーティ」です。小さい子供からすると体ほどの大きさもある風船(バルーン)が飛び交っています。

混雑日には人が増えるので、風船の数も多く投入されているみたいです。それでもなかなか風船にありつけず、やっとのことで見つけたら、ギュッとしがみついて離しません!

大きなブロックを組み立て【グローバーのコンストラクション・カンパニー】

プレイランド最奥にある、ブルーのブロックがたくさんあるエリアです。

やはり子供には大きいと感じるブロックで、お城をつくってみたり、思い思いに組み合わせてみたり。

ブロックも柔らかいですが、床もフカフカなので、ハイハイしながら動き回るだけでも楽しいエリアです。幼児や乳児にもオススメです。

さいごに

今回は屋内型プレイランド「エルモのイマジネーションプレイランド」について紹介していきました。

ミニライド、軽食フード、多彩な遊び場がギュッと凝縮したエリアで、子供や幼児連れにはおすすめのスポットです。

本当に過ごしやすく、子供を放っておいても勝手に楽しそうに遊んでくれるため、ついつい時間を忘れてゆっくりしてしまいます。お目当てのショーやパレードを見逃さないよう、気を付けてくださいね!