【混雑予想・待ち時間】エヴァンゲリオンXRライドの感想と攻略まとめ!VRゴーグルがすごい!

USJで絶賛開催中のユニバーサル・クールジャパンイベントの中で、1番人気のアトラクション「エヴァンゲリオンXRライド」

コラボするのは今年で3回目となるエヴァンゲリオンですが、今までとは全く違う、ライド・アトラクションになっています。

最新鋭の機器、VR(バーチャルリアリティー)ゴーグルを装着して乗り込む、ジェットコースター型のアトラクション「エヴァンゲリオンXRライド」は、思わず手を伸ばしてしまう様な、リアルなエヴァンゲリオンの世界に入りこめると大反響!

今回は「エヴァンゲリオンXRライド」の体験の様子や楽しむポイント、感想などをお伝えします。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオンXRライドは期間限定のアトラクション

エヴァンゲリオンXRライドは、もともとUSJにあった「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」をクールジャパンイベント期間限定でリニューアルしたアトラクションです。

開催期間は2017年01月13日(金)~2017年6月25日(日)です。

期間が終わると、もとのスペース・ファンタジー・ザ・ライドに戻ってしまいます。VRゴーグルを使ったアトラクションは、今の時期はエヴァンゲリオンXRライドだけです!ぜひ、期間内にパークへ遊びに行きましょう。

看板をよく見てみると「SPACE・・」の文字が少し見えていて、その上にエヴァンゲリオンとデザインされています。

使途に浸食されている感じをイメージしているみたいで面白いですね。

アトラクションに乗る前に手荷物はロッカーへ

エヴァンゲリオンXRライドでは、大きな手荷物は全てロッカーへ預けましょう。100円返却方式のロッカーですので、無料で使えます。

待ち列の大半は屋外(一部屋根なし)なので、帽子やマフラーなどの防寒グッズは、身に着けたままでも大丈夫です。キャラクターのかぶりものや、カチューシャなどは外しておきましょう。マフラーや帽子については、建物内に入ったら外して手に持ちます。

帽子やマフラーなど、ポケットに入らないものは背中に挟むようにして、ライドの座席に座ります。

また、ポケットに入る大きさであれば小物の持込はOKです。文庫本を持参して、読みながら待っているゲストの方も見かけました。

後でご説明しますが、スマホを持って行くとアトラクションの楽しさが倍増します!

エヴァンゲリオンXRライドのランク別待ち時間推移

過去待ち時間をS~Fの7段階にランク分けしたときの平均待ち時間です。

<2017年4月30日確認>

エヴァの待ち時間はどれくらい?

エヴァンゲリオンXRライドはクールジャパンの中でも唯一のコースター系とあって、連日大混雑!

目安としては、

  • 平均的な休日(ランクB)の待ち時間が200分
  • 平均的な平日(ランクD)の待ち時間が130分 となっています。

とてつもない待ち時間ですね。よほどのガラガラ日でない限り、ピーク帯は100分をまず切りません。

エクスプレスパスやアーリーインで真っ先に乗ってしまうか、閉園時間ギリギリを狙うのがよいでしょう。

待ち時間は専用ゲームアプリを楽しもう

USJのホームページでも紹介されていますが、エヴァンゲリオンXRライドの待ち列では、専用ゲームアプリ「MAGIモバイル」を無料ダウンロードして楽しむことができます。

<iOS版> <Android版>

アトラクションの待ち列に入ったらすぐのモニターでQRコードが表示されています。そして、待ち列内の別のテレビモニターに4桁のパスワードが表示されていて、そのパスワードを入力すると、ゲームを進めることができる仕組みになっています。

ゲームは、使途からのサイバー攻撃を受けているスーパーコンピューターシステムMAGIを守ろう!というストーリーのゲームです。

長時間の待ち時間対策にぴったりのアプリですし、ミッションクリア後に出てくるクイズに答えると壁紙がもらるので、ぜひダウンロードしてみて下さいね!

ライドに乗るまでにUSJオリジナル映像でストーリーをチェック

待ち列を進んで行くと、建物の中へ入る直前で1回目のオリジナル映像を見ます。

ここでは主に葛城ミサトさんの話を聞くわけですが、先ほどのゲームアプリを楽しんでおくと、ストーリーが繋がっていてぐっと臨場感が増しますよ!

ミサトさんの話を聞いたら、いよいよ建物(NERVのUSJ支部)の中へ入ります。そこで2回目のオリジナル映像を鑑賞します。次に登場するのは、碇ゲンドウさんと加持リョウジさん。ダブルスパイをしていた加持さんらしく、碇ゲンドウさんとの意味深な会話があったりと、エヴァンゲリオンの世界観がリアルに再現されています。

そして、話の途中で使途が進行してきていると情報が入り、私たちは加持さんの運転するホバークラフトに乗って避難することになります。

この映像を見終わったら、あとは乗り場まで進んで行くだけです!

VRゴーグルを装着する前に・・・


出典:https://www.usj.co.jp/universal-cool-japan2017/evangelion/

アトラクションの乗り場に着く前に、VRゴーグルの装着方法が書かれたパンフレットをクルーさんが配ってくれるので、必ず目を通しておきましょう。

VRゴーグルはメガネをつけたままでは装着できません。ライドに乗る直前に、クルーさんがメガネケースを貸してくれますので、メガネは外して乗りましょう。VRゴーグルにはピント調節機能が付いていますので、メガネなしでもぼやける事なく映像を楽しめます。

それから、特に女性は髪型に注意が必要です。ゴーグルは結構重たくて、頭に固定するためのベルトをしっかり固定しないといけないので、ポニーテールなどはほどいたり、髪留めなどのアクセサリーは外すように説明があります。髪の毛はおろしていくか、くくる時は下の方でまとめるのがおすすめですよ。

目の前に広がっているのはリアルなエヴァンゲリオンの世界

ライドに乗車して、VRゴーグルを装着すると目の前にはリアルなホバークラフトのコックピット映像が広がっています。フロントガラスに映った自分の姿は、顔を動かしてみると映像も同じように動くのでビックリ!もうそこは、エヴァンゲリオンの世界。ホバークラフトでの避難が始まっています。

そして、ライドが発進するとNERVの外へ。そこではすでに使徒との戦いの真っ最中!リアルサイズの零号機2号機、そして初号機と使徒との戦いの足元を抜けていくホバークラフト。圧倒的な大きさと、ジェットコースターのスピード感や浮遊感と、バーチャルリアリティーで360°目の前に広がっているエヴァンゲリオンの世界がみごとに”シンクロ”しています!

ジェットコースターの分類ではありますが、VR映像とシンクロしていて、まるでホバークラフトに乗って飛んでいるような感覚が味わえます。どちらかというと映像に集中してしまうので、絶叫マシーンとしての恐怖は少ないです。ジェットコースターが苦手、という方も「楽しかった」「乗れた」という方が多いようですよ。

ライド以外にも見どころがいっぱい

乗り物以外にもぜひ楽しんでほしいと思うポイントはクルーさんの「制服」です。

みなさんリアルな「NERVの制服」を着用しているんですよ。アニメに出てくるあのベージュの制服です。寒い日に着ている、モスグリーンのコートもアニメで出てきますよ。

そして、建物の中でVRゴーグルを管理しているのはオレンジの制服を着た「整備班」のスタッフです!運んでいるワゴンにも”NERV USJ支部”とロゴが入っていてビックリ。

細部までとことんこだわって、エヴァンゲリオンの世界観を再現している所はUSJならでは、ですね。

さいごに

今回は、ユニバーサル・クールジャパンの限定アトラクション「エヴァンゲリオンXRライド」をご紹介しました。

エヴァンゲリオンをご存知の方はもちろん、知らない方でもVR(バーチャルリアリティー)とアトラクションとのコラボを体験できる、めったにない機会ですので、ぜひ乗ってみてほしいなと思います。

スポンサーリンク