新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

【混雑予想・待ち時間】進撃の巨人・ザ・リアル4-D:2の感想と攻略まとめ!

2017年1月からUSJで開催されているユニバーサル・クールジャパン2017

コミックの連載も続いており、アニメのSeason2が4月1日から放送開始が決定しているなど、話題に尽きない「進撃の巨人」。

日本を代表するエンターテイメントブランドですが、海外でも人気の作品ですよね。

そんな進撃の巨人がUSJとコラボするのは今年で3回目です。

去年よりさらにリアルさが増した、進撃の巨人のアトラクションについて、見どころや感想、待ち時間情報などをお伝えしたいと思います。

ユニバーサル・クールジャパンは期間限定のイベント

USJでクリスマスイベントが終了後、1月から開催されている「ユニバーサル・クールジャパン」。

2017年の今年の開催期間は2017年01月13日(金)~2017年6月25日(日)です。

例年、USJでは7月の初旬から夏のイベントが始まるので、春の期間限定イベント、という感じですね。

進撃の巨人・ザ・リアルは座って鑑賞する4-Dアトラクション

進撃の巨人・ザ・リアルは、入口で配布される3-Dメガネを着用して、座席に座って鑑賞するショー・アトラクションです。

3-D映像にさまざまな特殊効果が加わったものが4-Dです。座席が動く事で感じる振動や浮遊感、映像に合わせて水がかかることで「水しぶき」「血しぶき」のリアルな感触、漂ってくるチョコレートやクッキーなどの甘い香り・・・など、視覚・聴覚を含めた5感で体験できるので、3D映像がよりリアルに感じることができるんです。

実際に立体起動装置を使っているような、浮遊感や衝撃。巨人との戦いで飛び散る血しぶきなど、進撃の巨人の世界に入り込んだようなリアルな世界を体験ができるところが、大人気の理由です。

グロテスクな表現が苦手な方は大人でも注意が必要

進撃の巨人を全く知らない方は体験する前にアニメやコミックで予習しておくと、より世界観に没頭できるのではないでしょうか。

USJの進撃の巨人・ザ・リアルは、原作に忠実に再現されています。「人間が巨人に食べられる」「巨人を刃物で切りつけて倒す」という暴力的なシーンや、生々しい血しぶきなどグロテスクな表現が盛り込まれています。

子供と一緒に鑑賞する場合は注意が必要でしょう。小・中学生のお子さまは心が成長する大切な時期です。

我が家の子ども達(小4・中1)は、進撃の巨人の原作も、4-Dアトラクションがどんなものかも知っているので、体験したがりません。保護者の方が判断してあげてくださいね。

進撃の巨人・ザ・リアルの運行時間はお昼過ぎまで

進撃の巨人・ザ・リアルが開催されているシネマ4-Dは、午後からは別アトラクション(ゴジラ・ザ・リアル)に切り替わります。同じアトラクションで2つのコンテンツが交代で上映されるんですね。

【混雑予想・待ち時間】ゴジラ・ザ・リアル4-Dの感想や楽しむコツを紹介!速報も配られる!
2017年もユニバーサル・クールジャパンイベントが絶賛開催中のユニバーサル・スタジオ・ジャパン。 ...

記事を読む

切り替わる時間は、パークの営業時間によって変わるので、平日・休日とでは多少時間が違います。

例えば4月1日(土)の場合、パークオープン~13:40まで運行しているのに対して、4月5日(水)はパークオープン~13:20までの運行となっています。

USJへ遊びに行く日が決まったら、ホームページの「ショー&アトラクション・スケジュール」のページで詳細を確認しておくと安心ですね。だいたい、2週間先までのスケジュールが公開されています。

待ち時間は平均すると50~60分程度

進撃の巨人・ザ・リアルの最高待ち時間は平日で80~100分週末などで150~180分程度です。

他の人気アトラクションに比べると、それでも待ち時間は短め。

現在のパークで、朝1番にゲストが向かう人気のアトラクションは

ドラゴンクエスト・ザ・リアルの整理券

ザ・フライング・ダイナソー

エヴァンゲリオンXRライド

ハリーポッターエリア

だいたいこの4つになっています。

①のドラクエは整理券(もしくは専用のパス)がないと体験できないアトラクションで、②~④のアトラクションは待ち時間が200分を超えてくるようなアトラクションです。

ですので、朝1番の待ち時間が短い間に乗ってしまおう!というゲストが多いんです。4月に入り、ミニオン・パークがオープンすると、恐らくゲストの大半はミニオン・ハチャメチャライドへ向かうのではないでしょうか。

2017年4月にミニオン・パークがオープン!注目のアトラクションも紹介
2017年4月21日、ついにユニバーサルスタジオジャパンに新たなパークが誕生します。 大人気の...

記事を読む

進撃の巨人・ザ・リアルは、朝1番は穴場のアトラクションなんです。

進撃の巨人・ザ・リアル4-D:2のランク別待ち時間推移

過去待ち時間をS~Fの7段階にランク分けしたときの平均待ち時間です。

<2017年4月30日確認>

シアタールームは進行方向右側がスクリーン

アトラクションの入口で3-Dメガネをもらって進むとまず前室に入ります。駐屯兵団の旗がかかげられたこの部屋では、モニターで立ったまま映像を鑑賞します(前説)。

前室で前説を聞いてから、座席のあるシアタールームへ向かうわけですが、進行方向右側がスクリーンになっています。奥から順に間を空けずに座るように指示されますので、「中央で見たい」と思っても、途中で止まることができません。

前室で最前列にいた場合、そのまま最奥まで進まないといけないので、必然的にスクリーンに向かって左端の席になってしまうんです。基本的にはどの席からも楽しめるようになっていますが、やっぱり中央辺りで鑑賞する方が、3-D映像のブレも少なく迫力もあるので見やすいと思います。

真ん中で見るコツは、前室にいる間に自分の位置を調整しておく事です。前室に入った順に詰めるように誘導されますが、後から来た人を前に譲って位置を調整するといいですね。

また、前の方で見たい時は、前室で右端の方へ寄っておくと前の席へ移動しやすいですよ。

駐屯兵団の兵士目線でストーリーは進む

進撃の巨人・ザ・リアルでは、私たちは駐屯兵団の兵士という設定でストーリーが進行していきます。訓練兵を卒業し、駐屯兵団に入ったばかりの私たちは、突如現われた巨人との戦いに巻き込まれていきます。

3-D映像は全て兵士目線です。立体起動装置で空を飛ぶシーンでは、座席が動き、風を感じる特殊効果によって、実際に操っているような浮遊感やスピード感が味わえます。

目の前にせまる巨人も飛び出して見えるので、迫力満点!大きな手に捕まって、スクリーンいっぱいに口が迫ってきて、食べられる瞬間は思わず目をつぶってしまいそうになりました。

そして、立体起動装置のブレードで巨人を撃退するシーンでの、生々しい血しぶきは、リアルな進撃の巨人の世界です。

さらに、ハンジやリヴァイなどの登場人物は、アニメと同じ本物の声優さんが演じていますので、まるで自分に話しかけられているような会話シーンも見どころです。

さいごに

今回は、ユニバーサル・クールジャパンのアトラクション「進撃の巨人・ザ・リアル4-D:2」をご紹介しました。

進撃の巨人ファンはもちろん、迫力のある4-D技術を体験できるUSJならではのアトラクションを楽しまれてはいかがでしょうか。