新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

USJ2019「進撃の巨人・ザ・リアル」待ち時間&混雑情報!体験ネタバレ感想まとめ

2019年1月18日(金)から開催されている、USJの期間限定イベント「ユニバーサル・クールジャパン2019」。

日本のエンターテインメントブランドとUSJのアトラクションが期間限定でコラボするイベントで、2019年は5周年の記念の年でもあります。5周年として、コラボするブランドも過去最多、開催期間も過去最長というビッグイベントになっています。

開催期間が長いため、スプリング・タームとサマー・タームの2期に分けられ、現在開催中のスプリング・タームでは「ルパン三世」と「名探偵コナン」がコラボしています。

そして、いよいよ5月31日(金)からはサマー・タームが始まり「進撃の巨人」「エヴァンゲリオン」「ゴジラ」「セーラームーン」の4つのブランドがコラボします!

その中で「進撃の巨人」がUSJとコラボするのは2019年で4回目。新次元ライブ・シアター・ショー「進撃の巨人・ザ・リアル」として、既存のアトラクション「ターミネーター2:3D」で開催されています。コミックの連載も続いており、テレビアニメのseason3の放送が始まっていますね!そして、内容もまさに今放映されているアニメの内容とドンピシャなんです。

今回は「進撃の巨人・ザ・リアル」のアトラクション情報と、体験した様子を合わせてご紹介していきたいと思います。

アトラクション基本情報

進撃の巨人・ザ・リアルを体験するのに特別なチケットは必要ありません。スタジオ・パスで入場後、アトラクションへ向かい、表示されている待ち時間、列に並べば体験できます。

アトラクションタイプ:新次元3Dライブ・シアター・ショー(ショー・アトラクション)

所要時間:約30分

定員:750名(車いす・電動車いすスペース8台分)

年齢制限はありませんが、振動するイスに最初から最後まで1人で座って鑑賞できる事が条件になります。大人の膝の上に座らせての鑑賞はできません。また、進撃の巨人なので、暴力的なシーンも多いです。小さなお子様の参加は、大人の方がしっかり判断してあげてください。

開催期間と開催場所

開催期間

ユニバーサル・クールジャパン2019の開催期間は2019年1月18日(金)~8月25日(日)まです。スプリング・タームとサマー・タームの2期に分かれており、それぞれコラボするエンターテインメントブランドが違います。

スプリング・ターム:2019年1月18日(金)~6月23日(日)

サマー・ターム:2019年5月31日(金)~8月25日(日)

進撃の巨人・ザ・リアルはサマー・タームの期間中、毎日開催されています。

開催場所

「進撃の巨人・ザ・リアル」の開催場所は、ニューヨーク・エリアにある「ターミネーター2:3D」です。

パークのエントランスを通ったら、真っ直ぐに進んで行けば到着するので分かりやすいですよ。

アトラクション運行時間について

進撃の巨人・ザ・リアルはショー・アトラクションです。パークの営業時間に連動して運行されるライド・アトラクションと違って、運行時間が限られていますので注意が必要です。

パークへ来場する日が決まったら、まずは公式ホームページの「ショー・スケジュール」をチェックしましょう。

出典:https://www.usj.co.jp/svw/cwc?method=displayScheduleAndRunTime&DATA_YEAR=2019&DATA_MONTH=5&DATA_DAY=31

例えば、5月31日(金)のパークの営業時間は、公式HPの発表では9:00~20:30です。ですが「進撃の巨人・ザ・リアル」の運行時間は9:25~18:45となっています。

運行時間は営業時間より短いですし、待ち時間によっては受け付け終了になる時間が早まります。運行時間を確認して、その日の待ち時間をチェックしながら、アトラクションに並ぶ時間を考えましょう。

待ち時間はどれくらい?

サマー・タームのコンテンツの中でも人気の高い進撃の巨人・ザ・リアル。

5月31日(金)からイベントが始まりましたが、初日の待ち時間は最高で90分待ち。1日通して平均は70~80分待ちでした。平日としては長い待ち時間です。

6月1日(土)はイベント開始後最初の週末。大混雑が予想されていましたが、朝の9時時点ですでに70分待ち。最高で150分待ちを記録しています。1日平均するとだいたい100分~120待ちです。

土曜日に比べると混雑がましである日曜日の6月2日(日)も、前日とだいたい同じ待ち時間で、最高150分待ち。平均すると90~100分待ちでした。

イベント開始序盤は、平日でも70~80分くらいの待ち時間は覚悟しておいた方がよさそうですね。また、週末や夏休みなどの長期休暇に入ると、100分以上の待ち時間になると思われます。

待ち時間を短縮できる専用チケット情報

出典:https://www.usj.co.jp/ticket/event/ucj2019/exp-4-limited.html

サマー・タームが始まる6月序盤は、スプリング・タームの「名探偵コナン」や「ルパン三世」も開催されていますので、クールジャパンイベントのアトラクションが、まとめて体験できる月でもあります。クールジャパンイベントのコンテンツだけでもたくさんの期間限定アトラクションがありますが、パークにはそれ以外にもハリーポッターやフライングダイナソーなどの人気アトラクションがいっぱい!人気のアトラクションはそれぞれに待ち時間も長く、1日で全部を回るのは到底無理です。

そんな時におすすめなのが、待ち時間を短縮できる有料のチケット「エクスプレス・パス」です。進撃の巨人・ザ・リアルを体験が含まれるチケットをご紹介していきたいと思います。

クールジャパン・エクスプレス・パス4~スプリング&サマー・リミテッド~

「進撃の巨人・ザ・リアル」「ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル4-D」「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」「ルパン三世カーチェイスXRライド」クールジャパンの目玉アトラクションを網羅できるチケットです。

「ルパン三世カーチェイスXRライド」の開催期間6月23日(日)になりますので、6月23日(日)入場分までのチケット販売となります。

クールジャパン・エクスプレス・パス4~スペシャル~

「進撃の巨人・ザ・リアル」「ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル4-D」「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」「ルパン三世カーチェイスXRライド」のクールジャパン限定の3つのアトラクション以外に、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」の体験が含まれています。

「ルパン三世カーチェイスXRライド」の開催期間6月23日(日)になりますので、6月23日(日)入場分までのチケット販売となります。

クールジャパン・エクスプレス・パス4~スリル~

「進撃の巨人・ザ・リアル」「ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル4-D」「ルパン三世カーチェイスXRライド」のクールジャパン限定の3つのアトラクション以外に、「ザ・フライング・ダイナソー」の体験が含まれています。

「ルパン三世カーチェイスXRライド」の開催期間6月23日(日)になりますので、6月23日(日)入場分までのチケット販売となります。

クールジャパン・エクスプレス・パス3~サマー・ターム~

2019年6月24日(月)の入場分からの発売予定のエクスプレス・パスです。

サマー・タームの目玉である「進撃の巨人・ザ・リアル」「ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル4-D」「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」の3つのアトラクションが体験できます。

エクスプレス・パスには大人・子どもなどの料金設定はなく4歳以上であれば1人1枚のチケットが必要です。チケット購入時に、体験時間が選べますので当日の予定も立ちやすいです。

ただ、混雑に応じて価格が変動するチケットですので、体験したいアトラクションや予算に応じて検討してみて下さいね。

リヴァイ&エルヴィンのクロノイドに会える!

「進撃の巨人・ザ・リアル」では、アトラクション体験とは別に、リヴァイとエルヴィンのクロノイドに会えるイベントが開催されます。クロノイドと一緒に記念撮影ができる有料のイベントです。

クロノイド(Clone-oid)とは

2015年に開催されたクールジャパンイベントで初めて登場したクロノイド。「クローン」と「アンドロイド」をMIXさせた造語で、USJが生み出した技術です。リアルサイズで作られているのはもちろん、浮き出た血管や筋肉、しわ、毛穴などの皮膚の質感や、体毛やまつ毛、髪の毛1本1本まで精密に作られていて、まるで生きている人間のような完成度で再現されている人形です。

クロノイド・フォト・オポチュニティ基本情報

タイプ:クロノイド展示体験

体験場所:パレスシアター(ニューヨーク・エリア)

体験するには専用チケットが必要

出典:https://www.usj.co.jp/universal-cool-japan2019/shingeki/

クロノイド・フォト・オポチュニティを体験するには、専用のチケットが必要です。体験できるチケットは1種類だけです。

クールジャパン・エクスプレス・パス1~進撃の巨人・スペシャル~

アトラクションの「進撃の巨人・ザ・リアル」の体験確約と、クロノイド・フォト・オポチュニティの「体験」が含まれています。

(※撮影してもらった台紙付きの写真は別売です)

「進撃の巨人・ザ・リアル」の体験の様子

それでは「進撃の巨人・ザ・リアル」を体験した様子をご紹介していきたいと思います。ネタバレを含みますのでご注意ください。

建物外観の見どころ

まずは、アトラクションがある建物の外観をチェック!普段はターミネーターなので、サイバーダイン社の建物ですが、期間限定で進撃仕様に変身しています。

オブジェが立体起動装置のブレードが刺さったようなデザインになっていますよ。

建物内の待ち列

待ち列にはモニターが設置されていて、season1から見直したくなるような、過去のアニメの総集編が流れます。

前座を鑑賞

3Dメガネを取って部屋に入るとそこは、サイバーダイン社ではなく、進撃の巨人の世界になっています。テレビモニターはそのままですが、壁がウォールマリアのような石畳と木の枠のデザインになっています。そして、いつもは綾小路麗華さんが登場する正面のステージには、色々な紙が貼られた、黒板のようなボードが設置されています。

そう、ここは物語の中にも登場する「ベルク新聞社」の建物の中なんですね。

前座が始まると2人キャストさんが登場します。先輩新聞記者のロイと、後輩のピュレです。「ウォールマリア奪還作成」が始まったという話題を皮切りに、2人の会話が始まります。

その内容は、進撃の巨人を知らない方でも、ストーリーや登場人物をざっくり理解できるようになっています。

ライナー(鎧の巨人)、ベルトルト(超大型巨人)、獣の巨人、エルヴィン団長、エレン、リヴァイ兵士長、ミカサ、アルミン、ハンジ分隊長…。

各キャラクターの紹介とともに、テレビモニターにはそのキャラクターの映像が流れますのでとても分かりやすいですよ。

5分ほどの前座を鑑賞後、自動で右側の扉が一気に開いて、シアタールームへ移動します。

前室の前から、そのままシアタールームの前方の席につながっています。

本編の部屋へ移動

シアタールームでは、必ず座席に座ります。

大スクリーンが3つあり、中央のステージ上には大きいな岩などのがれきや、壊れた家の屋根などウォールマリアの街並みが広がっています。

最初に、立体起動装置のアンカーを飛ばす音が下かと思うと、エルビン団長の声が響き渡ります。

「これよりウォールマリア奪還作戦を開始する!!」

すると暗転していた館内のステージ上がライトアップされ、ザッ!!と「リアル調査兵団」が7人登場。まるで立体起動装置で飛んできたよう。そしてまた、団長の「総員!立体起動に移れ!!」の合図と同時にジャンプして暗転するので、ホントに立体起動で飛び立ったような錯覚に。そして、アンカーの音、アンカーのような線状のビームと合わさることで、リアルすぎ。

エレンの高質化が成功し、場面は壁の中に巨人がいないか捜索するシーン。1人のリアル調査兵団がライナーを発見したとたん、スクリーン間の壁から「リアルライナー」が登場して、次々と、調査兵団を切っていきます。まるでミュージカルを見ているような、迫真の演技、殺陣に思わず息をするのを忘れます。

そして「リアルリヴァイ」が登場し、ライナーと戦います。ライナーを殺せなかった後悔のセリフとともに、アニメのオープニングの映像が。めちゃくちゃかっこいいです!

ここまでは、まだまだ序章。

このあと、「リアル獣の巨人」、「リアル車力の巨人」、3D映像でリアルに飛んでくる樽から登場する「リアル超大型巨人」「リアル獣の巨人」、誰もが印象に残っている、見たことのある顔の「リアル巨人」「リアル奇行種巨人」などが次々と登場します。獣の巨人からの投石はさすが3D。思わず顔を動かして石を避けてしまいますよ。

前方の3つの大型スクリーン、前のステージ、両サイドの壁、そして、後ろにあるリアルな「壁」とその向こうから登場する「リアル超大型巨人」の迫力はハンパないです。

進撃の巨人ファンにとっては、感動の体験ができます!

最後には、ロイとピュレが登場し、話をまとめ、この先のアニメのストーリーを連想させるようなシーンがスクリーンで流れ、締めくくられます。

どの席がおススメ?

座席は前室に入った場所によってほぼ決定します。前室から横に移動した場所に座席が広がっているからです。ですが、それぞれの席の特徴をお伝えします。

座席は中央の通路を挟んで、前方の席と後方の席に分かれています。シアタールームに入ってからは、前方と後方を行き来することができません。

前方

ステージ上の殺陣がよく見えて、スクリーン映像に登場する鎧の巨人の登場時、大量のスモークを浴び、迫力満点です。ステージ前の通路にも「リアル巨人」が歩いてきますので、すごく間近で巨人をみることができます。

ただし、ステージ上の「リアル獣の巨人」は近い事もあって小さく見えてしまいます。

ですが、個人的には前の方が迫力満点でおススメです。

後方

前方と後方の間の通路にも奇行種などの「リアル巨人」が歩いてくるので、通路沿いの席は巨人を間近で見ることができます。

前方のステージと反対側に「リアル超大型巨人」が登場しますので、後ろを振り向いた時の「リアル超大型巨人」の迫力満点です。

ステージが遠くなった分「リアル獣の巨人」が、実際に遠くから石を投げてくるような感覚で楽しめます。

「クロノイド・フォト・オポチュニティ」の体験の様子

次は「クロノイド・フォト・オポチュニティ」を体験した様子をご紹介していきたいと思います。こちらもネタバレを含みますのでご注意ください。

体験場所はパレスシアター

体験場所のパレスシアターです。左横にスパイダーマンのアトラクションがあります。赤いひさしの下が入口になっています。

エクスプレス・パスに記載されている体験時間になったら、ここへ向かいます。列に並ぶ前にQRコードのチェックがありますので、すぐ見せられるように準備しておきましょう。

体験の流れ

体験の流れは以下の通りです。

①注意事項の説明

②パークのカメラで撮影(必須)

③手持ちのカメラで撮影(1グループ1カットのみ)

④自由にクロノイドを撮影できる時間

⑤パークカメラで撮ってもらった写真の確認

⑥オリジナルホルダー付きの写真を購入(希望者のみ)

ゲストが多いと待ち時間が発生する

前述した流れて1グループごとに撮影します。④の自由撮影タイムは、混雑具合によって変動があるようですが、体験した時は1分でした。あっという間です。

ですが、①~④で少なくとも1グループごとに5分前後はかかり回転率は悪いので、待ち列が長いとその分待ち時間も発生します。混雑時はだいたい60分~90分くらいの待ち時間は覚悟しておいた方がよさそうです。

特製ホルダー付きの写真は有料

特製ホルダー(紙製の台紙)に入った、パークカメラで撮ってもらった写真には、ロゴと撮影日時がプリントされます。

そして、事前に撮影してあるリヴァイとエルヴィンのブロマイド6種類の中から1枚、好きなブロマイドを選べます。

特製ホルダーに入った2枚の写真のお値段は¥1800です。エクスプレス・パスの特典には含まれていませんのでご注意ください。

あくまで「撮影は無料」「写真は有料」ということです。

写真の購入は、希望者のみで断ることもできますので安心してくださいね。ただし、買わないと決めていても、自分の写真をチェックは必要です。

写真を購入すると、撮影してもらった画像データをダウンロードできるQRコードが付いてきますよ!

さいごに

ユニバーサル・クールジャパン2019で開催されている「進撃の巨人・ザ・リアル」の様子をご紹介しました。

既存のアトラクションをリニューアルしてあるのですが、今までにない使い方がされていて、とてもビックリします。

リアルな超大型巨人の大迫力な登場、リアルな獣の巨人から飛んでくる投石、リアルなリヴァイVSライナーのステージ上でのリアルな戦い…。360度どこを見渡しても、進撃の世界観が広がっています。

体験する前に進撃の巨人のアニメ、season3の第50話「はじまりの街」~第54話「勇者」までの総集編、といった内容になっていますので、先にアニメを見ておくとより楽しめると思います。逆に、これを見ていない方にはネタバレとなってしまうのでご注意ください。

そして、USJでしか見ることのできないクロノイド。

本当に息をしているじゃないかと思うくらいのリアルさに驚き、思わずカメラを持つ手が震えますよ。