新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

USJ「ホテルアルバート2~レクイエム~」ネタバレ体験感想【ホラーナイト2019】チケット情報も

2019年9月6日(金)から始まっているUSJのハロウィーンイベント。

翌日の9月7日(土)からは夜のハロウィーンイベント「ユニバーサル・ホラー・ナイト」が開催されています。

2019年もたくさんのコンテンツが開催されているホラーナイト。ホラーナイトのこんてんつだけで、昨年から開催されている「大人ハロウィーン」、初登場のメイズもある「ホラー・メイズ&ホラー・アトラクション」、Rat-tat-tat(ラタタ)ダンスが話題の「ストリート・ゾンビ&ゾンビ・デ・ダンス」の3つのコンテンツに分かれて開催されています。

その中で今回ご紹介するのは「大人ハロウィーン」のコンテンツの中の1つ「ホテルアルバート2~レクイエム~」。2018年に初登場した“完全没入型ホラー”ホテルアルバート。ハロウィーンイベント開始直後から話題となり、チケットが瞬殺で完売した伝説のホラーコンテンツです!その続編となる昨年よりもパワーアップしたのがホテル・アルバート2です!

今回は、2019年の今年も、ホラーナイトイベント開始前からチケットが残りわずかになっている「ホテルアルバート2~レクイエム~」を体験した様子をご紹介していきたいと思います。

アトラクション基本情報

イマーシブ(没入型)・シアター

ホテル・アルバート2は“完全没入型ホラー”です。「イマーシブ・シアター」という演劇スタイルの1つで、演者と観客の間に境界線がない、「体験型演劇作品」とも言われています。

地下1階、地上3階建ての建物内で開催される、1つのホラー作品。中にはたくさんの演者(キャスト)がいて物語が進んで行きます。私たちは、その作品の中に入り込み、体験時間60分の間に、気付けば目の前で繰り広げられているストーリーの一部となっています。もちろん内容は、ホラー。

大筋のストーリーは1つですが、他のホラー・メイズと違って何度体験しても同じ体験内容になることはありません。初めはゲスト全員の1グループで行動していても、物語が進むにつれて、周囲にゲストがいなくて1人ぼっちになっていることも。自分の行動で、会話で、違った内容になるかもしれません。

ホラーレベルは体験者によって違う!?

出典:https://www.usj.co.jp/

ホテル・アルバート2のホラーレベルは「?」です。体験者1人1人体験する内容が変わってくるためです。R15、未就学児、小学生、中学生の体験不可です。

有料のホラー・メイズ

ホテル・アルバート2は、パーク入場に必要な各種スタジオ・パス以外に、別途専用チケットが必要な、有料のホラー・メイズです。

1日に開催される回数も限られていて、1回に体験できる人数も限られている、完全入替え制、定員制のホラー・メイズです。専用のチケット購入時に体験時間が選べます。

事前販売でチケットが完売すると当日販売はほぼありません。

開催期間と開催時間

ホテル・アルバート2はユニバーサル・ホラー・ナイト期間、

2019年9月7日(土)~11月4日(月)までの期間限定開催で、期間中、毎日開催されます。

開催時間は12:00~パーククローズまでです。

開催場所はステージ18

出典:https://www.usj.co.jp/halloween2019/map/

ホテル・アルバート2の体験場所は、ステージ18です。

パークのエントランスを通ったら、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのレールの下を通るように左折して進んで行くと、ステージ18の建物が見えてきます。

こちら側はハロウィーンイベント期間中、仮装用の更衣室として無料開放されています。ホテル・アルバート2を体験するための入口は、更衣室と反対側にあります。

エントランスを通って少し進み、シネマ4-Dの前を左折すると、体験入口が見えてきます。チャッキーの体験や、バイオハザードの整理券と同じ場所になります。ホテル・アルバート2の体験は、蝶ネクタイの正装をしているクルーさんが目印ですよ。

所要時間

ホテル・アルバート2の体験時間は60分+ラウンジ使用時間となります。昨年よりも体験時間が20分減っていますね。ですが内容は昨年よりも「パワーアップ」しています!

体験後のラウンジでは、ワンドリンクサービスがあり、写真撮影をしたりする時間となります。混雑時は席の利用は45分間となるようです。1人1人体験内容が違うので、同じ回に参加したゲスト同士、とっても話が盛り上がりますよ!

拘束時間に注意

出典:https://www.usj.co.jp

WEBチケットストアで購入する場合、チケットの購入画面で体験時間を選ぶ事ができますが、選べる時間はホテル・アルバート2を体験するための「受付時間」が提示されています。リンク先に上記の画面でアトラクション体験時間の詳細を確認することができます。

ホテル・アルバート2は受付時間が25分体験時間が105分になっています。体験時間には、実際の体験時間60分+ラウンジ使用時間の最大45分が含まれています。ですので、合計で130分間となります。

他にも時間指定のチケットがある場合、見たいショーやパレードがある場合は、時間を確認しながら体験時間を選びましょう。

体験するには専用チケット(有料)が必要

ホテル・アルバート2を体験するには、パークへ入場するためのスタジオ・パス以外に後述する専用チケットが必要な有料のコンテンツです。チケットは体験時間が選べるWEBチケットストアの他、在庫があれば当日券としてパークで販売されます。当日券の場合、体験時間は選べません。

ホテル・アルバート2の体験が含まれている専用チケットは2種類販売されています。

ホテル・アルバート

・ホテル・アルバート2~レクイエム~

・ホテル・アルバート・ラウンジ(VIP)

ホテル・アルバート2を体験することができる、通常のチケット「ホテル・アルバート」です。ワンドリンクが付いてくる、ホテル・アルバート・ラウンジをVIP席で体験することができます。

大人ハロウィーン・ゴージャス・セット

・ホテル・アルバート2~レクイエム~

・ホテル・アルバート・ラウンジ(VIP)

・ホラー・レストラン優先案内

・ブラッド・レジェント待ち時間短縮

・ホテル・アルバート・フォト・オポチュニティ

ホテル・アルバート2の体験以外にも、「大人ハロウィーン」のコンテンツである「ブラッド・レジェント」の待ち時間短縮と、2019年に初登場したホラー・レストランの優先案内が含まれているのが「ホテル・アルバート・ゴージャス・セット」です。

通常のホテル・アルバート2のチケットに含まれていにないフォト・オポチュニティも含まれています。カメラマンによる撮影と、撮ってもらった写真はオリジナルホルダー付き。フォトデータのダウンロードもできますよ。

ハロウィーン・ホラーナイトR.I.P.ツアー

出典:https://www.usj.co.jp/ticket/event/halloween2019/tour-rip.html

ハロウィーン期間限定のスペシャルなVIPツアーも登場しています。

ホテル・アルバート2の体験確約の他、バイオハザード、チャッキー、スペファン(ブラックホール)、ブラッド・レジェント、貞子、エリア51などの盛りだくさんのホラーコンテンツと、4つの定番アトラクションのエクスプレス・パスも付いてくるのが「ハロウィーン・ホラーナイトR.I.P.ツアー」です。

お値段もスペシャルですが、ツアーガイドが同行して、いろんな話を聞ける他、いろんな特典がついてきますよ。

アルバートの雰囲気だけの体験もできる

ホテル・アルバート2の体験は含まれていませんが、ワンドリンク付きのラウンジの利用(スタンディング席)と、特別加工されたフォトデータが含まれているのが「アルバート・ラウンジ ~フォト&カクテル~」です。

ラウンジはホテル・アルバート2体験者が利用できるVIP席ではなく、スタンディング席となり、カメラマンに撮影してもらった写真はデータとしてダウンロードできます(台紙は付いていません)。

体験時間はカメラ撮影とラウンジ使用を含めて60分です。

体験前の準備

ドレスアップした方が没入できる

「ホテル・アルバート」は高級ホテルです。1978年に起こった恐ろしい事件の謎に迫っていく内容です。ですので、ドレスアップしていった方が、物語の中になじんで没入することができます。

女性ならクラシカルドレスなどがおすすめ。実際に体験してみると分かりますが、黒やネイビーなどの暗い色のレースのトップスなどを着ている方が多いです。男性はタキシードやスーツなどを着ている方も。

もちろん、ドレスコードはありませんから、Tシャツ、ジーパンでも参加できますが、世界観が台無しになってしまいます。ハロウィーン期間中は、更衣室も無料開放されていますので、ぜひご検討ください。

受付時間をしっかり守る

アルバート2は、10人以上のグループでの体験になります。ストーリーが進んで行くと、部屋も次々と移動していきますので、途中参加はできません。

受付時間に遅れると参加できなくなりますので、ご注意ください。

建物に入る直前で、クルーさんがQRコードの読み取りを行います。それが済むと、手首に専用のリストバンドを付けてもらいます。

トイレは済ませておく

体験場所であるステージ18にはトイレはありません。体験に1時間、体験後のラウンジ使用や、フォトサービスなどの体験時間も含めると2時間近く拘束されることになりますので、体験前にトイレは済ませておきましょう。

荷物はロッカーへ

体験は手ぶらで参加します。ポケット内の持ち物も全部出します。

受け付けを済ませると、建物内にある専用ロッカーへ案内されますので、荷物を預けましょう。雨の日の場合、傘立ても用意されています。

最初に誓約書にサイン!

まず案内される部屋では、昨年同様、誓約書が用意されています。誓約書を読み、日付を書いてサインしましょう。誓約書に同意しないと、この先には進めません。

そして、昨年と違うのは、レースのベネチアンマスクが用意されている所。誓約書の所に1人ずつパッケージに入ったマスクが用意されていて、鏡もあります。リボンが付いているので、後ろで結びます。

誓約書を書いた後、マスクをセットして準備を整えます。

気になる体験内容(ネタバレ注意)

例年通り、誓約書の中には、ここで体験したことをSNSなどでネタバレすることが禁止する、といった内容がありましたので、体験した詳細をネタバレすることはできませんが、できる範囲でご紹介していきたいと思います。

舞台は1978年に事件が起こったホテル

販売されているアルバート関連グッズにも、物語のあらすじが書かれています。

「夜遅くにホテルから電話を受けた警察官は、現場に急行した。そこで、彼らは客室と廊下に横たわる無数の死体を目撃した。さらなる調査で、被害者の死因は出血性ショックであることが分かったが、現場には血痕が残っていなかった。この事件で唯一生き残ったのは、ホテルのオーナーであるアルバート・モーガンだった。彼にはキャサリンという12歳の娘がいたが、アルバートは結婚しておらず養女だった。そして彼女はその事件で行方不明となっていた…」

ぜひとも全文読んでみて下さい。この物語のストーリーが良く分かりますよ。最後にサインされている「ジム・ジェンキンス」とは…?

私たちは今回、キャサリンについての謎に深くかかわっていく事になり、さらなる事件の目撃者になってしまいます…。

宿泊する客室番号は1人ずつ違う

誓約書を書いた後、体験直前にゲスト1人1人にカードが手渡されます。ここには宿泊する部屋番号が書かれています。

並んでいる順番に手渡される番号は、グループやペアであっても番号はバラバラです。そして、部屋ごとに全く違う内容で体験することになります。

そして、ここからは私語厳禁!世界観を壊さないように、物語を楽しみましょう。

次の部屋からストーリーが進んで行く

次の部屋からストーリーが始まります。昨年の「ホテル・アルバート」を体験した方にとっては、懐かしい記憶がよみがえると思います。あらすじを鑑賞したあと、案内されるままついて行った先には、あのいわくつきのホテル、「ホテル・アルバート」の高級感があふれクラシカルですが、どこか不気味なロビーです…。

没入型ホラーを体感

私たちゲストに交じって、たくさんのキャストさんが演じられています。一般的な舞台を観劇する時とイマーシブ・シアター(没入型)との大きな違いは、その舞台の上に私たちが立っている、というところ。

キャストさん達は、私たちに話しかけ、接触し、誘導します。ある時は手を引かれ、ある時は背中にかばわれ、ある時は指示をされ、ある時はエスコートされ…。物語の一員として、キャストさんと事件の真相に迫っていっている事に気付き、気付いた時にはすでに巻き込まれています。

他のゲストと2人きり、他のゲストとキャストさんの3人だけのシーン、気付けば1人になっていることも…。

聞こえてくる悲鳴、だれかの怒声、何が起こっているの?どうしたらいいの?

精神的な恐怖、目の前の惨状、いろんな伏線、事件の真相、新たな謎…。

そしてクライマックスを目撃した時、「レクイエム」の意味が分かり、感動すると同時に、新たな疑問、不安が押し寄せます。

体験後にはラウンジへ

体験後はこのラウンジに戻ってきます。チケットに含まれているワンドリンクを選んだ後、1グループごとに、1区画に仕切られた場所で休憩をします。

体験中は私語厳禁なので、疑問に思ったこと気付いた事など、他のゲストと一緒に語らいましょう。みなさん、堰を切ったように自分の体験を教えてくれます。ホントに1人1人体験内容が違って、他の人話を聞いて、ストーリーのつながりを知ることができたり、事件の謎にせまることができます。本当にあっという間に時間が過ぎていきますよ。

今回は昨年の様に、ラウンジでのヘッドアクセサリーやマスクなどのドレスアップアイテムの貸し出しはありません。

フォト・オポチュニティ(無料)で思い出を残そう

ステージ18の出入り口近くには、フォト・サービスを受けられる場所があります。

そこでは、通常のチケットでもフォト・サービス(無料)を受けることができます。背景の前に立って、1輪の大きなバラの花を持っての撮影です。

撮影はパークのカメラで1枚、手持ちのカメラで1枚撮影してもらえます。

出来上がった写真は特殊加工されていて、専用の台紙に入っています。写真の確認をした後、気に入れば¥1600で購入になります。もちろん買わなくてもOKです。買わなくても、手持ちのカメラで撮影してもらった画像が残るので、記念になりますよ!

通常のチケットでは、ダウンロードデータはもらえませんが、ゴージャスセットにはこの台紙と画像データのダウンロードも含まれています。

近くではアルバート関連グッズの販売も行われていますよ。

さいごに

昨年の続編となるイマーシブ・シアター「ホテル・アルバート2」を体験した様子をご紹介しました。

他のホラー・メイズと違って「出そう…出そう…、出たー!!」という、お化け屋敷のように急に何かが飛び出してくるような場面はほとんどありません。

私たちがその中に入り込んでしまうことで、恐怖の物語の出演者の1人になってしまい、体験することになるんです。没入しているからこその恐怖体験、惨劇の目撃、事件の真相の謎…。

体験時間は短くなっているはずなのに、内容が濃すぎて本当にパワーアップしています。

こんな貴重なホラー体験ができるUSJはすごいです。チケットは残りわずかです。気になる方はぜひ体験してみて下さい。昨年を知らなくても、十分に楽しめますし、昨年体験した方は、今年体験しない理由はありませんよ!

※あくまで、筆者自身が体験した内容(309号室)をもとに書いていますので、実際体験した時には内容が違っている場合も多いと思います。