新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

ハロウィーン限定アトラクション!スペース・ファンタジー・ザ・ライド~ブラックホール【USJホラーナイト2019】怖い?待ち時間情報も

2019年9月7日(土)から期間限定で開催されている、USJのハロウィーン・イベント「ユニバーサル・ホラー・ナイト」。

昨年好評だった「大人ハロウィーン」テーマの、ホテル・アルバート2や、きっず向けの「こわかわハロウィーン」など、いろんなテーマのハロウィーンコンテンツが盛りだくさんです!

今回ご紹介するのは「スペース・ファンタジー・ザ・ライド~ブラックホール~」です。

既存のアトラクションスペース・ファンタジー・ザ・ライドが、ハロウィーンイベント期間中限定で、「ブラックホール」状態=真っ暗闇になって登場しました。

過去のハロウィーンイベントでも真っ暗闇のスペファンは登場しているので再登場、という形ではありますが、ストーリーがゾンビ・デ・ダンスのDr.カオスと連動している!と話題です。

スペース・ファンタジー・ザ・ライド~ブラックホール~の待ち時間や専用チケット情報、体験した様子をご紹介していきたいと思います。

アトラクション基本情報

ライド・アトラクション

スペース・ファンタジー・ザ・ライド~ブラックホール~は、既存のアトラクションスペース・ファンタジー・ザ・ライドを期間限定でリニューアルしたアトラクションです。

ライド(乗り物)に乗る、ライド・アトラクションです。

身長制限あり

1人で乗車する場合は122cm以上、付き添い同伴で乗車する場合は102cm以上の身長制限となっています。

ただしホラーアトラクションですので、上記の制限をクリアしていても未就学児の体験はできません。そして、小学生は大人の同伴が推奨されています。

ホラーレベルは1

ホラーナイトのアトラクションの1つとなっていますが、ホラー要素はほとんどありません。ただ、本当に真っ暗闇の中を疾走するライド・アトラクションですので、真っ暗闇が苦手な方には怖いかもしれません。

途中で、ゾンビなど何かが飛び出してくる!という演出はありません。

所要時間

所要時間は約10分となっています。

10分には、前説のモニター映像鑑賞とライドの時間が含まれています。

実際にライドに乗車している時間は5分程度です。

開催期間と運行時間

開催期間

スペファン・ブラックホールの開催期間は、USJのハロウィーンイベントの開催期間と同じ、2019年9月6日(金)~11月4日(月)です。

運行時間

運行時間はパークオープン~パーククローズまでとなっていますので、朝1番から体験することができますよ。

開催場所

出典:https://www.usj.co.jp/halloween2019/horrornights/

既存のアトラクション、スペース・ファンタジー・ザ・ライドをリニューアルしているアトラクションですので、開催場所はスペース・ファンタジー・ザ・ライドです。

パークのエントランスを通ったら、真っすぐ進んで行けば左手側にアトラクションが見えてくるので、分かりやすい場所ですね。

待ち時間はどれくらい?

スペファン・ブラックホールは、入場に必要なスタジオ・パス以外に特別な整理券などは必要ない事や、1日ずっと運行されている事や、ホラーレベルが低いのでゲストが分散される傾向にあります。

週末などの混雑日で最高60~70分待ち程度で、平均すると30~40分程度の待ち時間です。平日なら空いていると10分、15分待ちくらいでライドできる日もあります。

専用チケット情報

平日にはあまり必要性は感じませんが、それでもパークでの滞在時間が限られている時や、3連休などの週末に来場する場合は、待ち時間を短縮できるエクスプレス・パス(有料)がおすすめです。

スペファン・ブラックホールの体験が含まれているエクスプレス・パスは3種類販売されています。

①ハロウィーン・ホラー・ナイト・エクスプレス・パス~スリル~

スペファン以外に、エリア51、貞子、チャッキーの合計4つのホラーコンテンツの待ち時間短縮ができます。

②ハロウィーン・ホラー・ナイト・エクスプレス・パス~新体験~

スペファン以外に、バイオハザード(クレアルート)、エリア51の今年初登場した3つのホラーコンテンツの待ち時間を短縮できます。バイオハザードは体験するのに整理券が必要なので、混雑日には人気のエクスプレス・パスです。

③ユニバーサル・エクスプレス・パス 4 スペース・ファンタジー・ザ・ライド
~ブラックホール~

スペファン以外には、パークの定番アトラクションである、フライングダイナソー、ハリーポッター、ジュラシックパークかスパイダーマンのどちらか、の合計4つのアトラクションの待ち時間短縮ができます。

また、お値段は張りますが、ツアーガイドのクルーさんが案内してくれる、ハロウィーン期間限定のガイドツアー「ハロウィーン・ホラーナイトR.I.P.ツアー」にもブラックホールが含まれています。チケットの入手が困難なホテル・アルバート2の体験確約もふくまれていますので、お金に余裕がある方はおすすめです。

体験前の準備

手荷物は無料のロッカーへ

スペファン・ブラックホールは屋内型のジェットコースターです。ですので、バッグなどの手荷物は、アトラクションの建物内にあるロッカーに預けましょう。

ロッカーは100円のコイン返却式ですので、無料で利用できます。ロックできる傘立ても常設されていますので、雨の日などは長傘も預けておくことができますよ。

実は、このロッカーから、ストーリーが始まっています!注意事項のアナウンスが流れていますが、しゃべっているのはDr.カオスです。話を聞いて世界観にひたりましょう。

スマホなどは持ち込みOK

スペファン・ブラックホールはハリドリの様にポケットを空にする必要はありません。スマホや携帯など、乗車する時にポケットに入るものは持ち込んでOKです。

帽子やスカーフ・マフラーなども身に着けて列に並ぶことはできますが、乗車する時にはお尻の下に敷いて体験することになります。

体験の様子

まずは写真撮影

2人以上のグループでの体験時は、写真撮影に案内されます。仕上がりは、合成写真になりますが、体験後に出来上がった写真を確認することができます。

写真撮影は断ることもできますよ。

モニターで前説鑑賞

建物内に入る前に、大型モニターで映像を鑑賞します。ここでは白衣姿のDr.カオスの映像が流れます。白衣姿で「まだ」人間の姿を保っているDr.カオス。

USJがある私たちの世界とは別の世界があって、そこはモンスターがあふれている悪の世界なんだそう。そして、今から体験する「ブラックホール」を開いて、その悪の世界である異次元をつなぐという研究計画があるそう。

映像ではDr.カオスがブラックホールを開くことに反対する女性の助手も登場し、止めようとしますが、Dr.カオスは振り切って起動してしまいます…!

いざライドへ

前説を鑑賞した後は、建物内へ入ります。この先も、乗り物に乗るまで待ち列が続きます。普段のスペファンと違って、怪しい赤い光に包まれている建物内。いくつかモニターが付いている所には、異次元世界の映像が流れていますよ。

乗車している間も、Dr.カオスの声がずっと流れています。ライドに乗ってブラックホールを抜けた私たちは、異次元のモンスターの世界に到着したよう。モンスターが、私たちの匂いにつられて、すぐそばまで近づいてきている!とDr.カオス。真っ暗闇ですが、思わずきょろきょろしてしまいますね。

最後は、一気に元の世界に戻りますが、いつもの大爆発と眩しい光に包まれてライド終了です。

普段以上に酔う

ブラックホールは自分の手も目視出来ないくらいの真っ暗闇でのライドです。真っ暗闇でぐるんぐるんと回転しながら緩急織り交ぜながらの疾走ですので、通常のスペファンに乗り慣れていて、コースが頭に入っていても酔いやすいです。

通常版でもそうですが、4人乗りのライドに乗る人数や、体重のバラツキによって回転が変化することにも左右されますが、三半規管が弱くて乗り物酔いしやすい人は、酔い止めを飲んでおくことをおすすめします。

Dr.カオスって?

こちらがホラーナイトのコンテンツの1つ、グラマシーパークで開催される「ゾンビ・デ・ダンス」に登場するDr.カオスです。白衣の面影は残っていますが、モンスター化してしまっていて、ゲストをエサにしようと企んでいますよ。

スペファン・ブラックホールとストーリーが連動していますので、アトラクションを体験ておくとより楽しめます。

ライド後に写真をチェック

アトラクション出口には、最初に撮影した写真をチェックするカウンターがあります。

期間限定のブラックホールなデザインになっていますよ。

さいごに

ハロウィーン期間限定でリニューアルしているアトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド~ブラックホール~」を体験した様子をご紹介しました。

乗り物としては、いつものスペファンが真っ暗になって酔いやすくなっている、という変化くらいなのですが、世界観とストーリーがとても面白いです。

私たちゲストをブラックホールに送ることで、異世界のモンスターをUSJにおびき寄せて、夜に開催されるホラーナイトで大量放出!というストーリー。私たちは、モンスター達のエサなんですね。

登場している男性キャスト(ドミニクさん)ももともと大人気のキャストさんを起用していることも、ファンにはたまらないと話題のアトラクション、待ち時間も短めですのでぜひ体験してみてくださいね。