新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

ネタバレ注意!インシディアス~ザ・ラスト・キー~USJハロウィーンホラーナイト2018

2018年の今年も9月7日(金)からUSJのハロウィーンイベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」が始まりました!
翌9月8日(土)からも恒例となっているホラーナイトも始まっています。
今年はいつもの「絶叫ハロウィーン」の他にも「大人ハロウィーン」子ども向けの「こわかわハロウィーン」の大きく3つのハロウィーンを楽しめる、盛りだくさんな内容で、初登場のコンテンツもたくさん登場しています!
その中で「絶叫ハロウィーン」の中で新登場したホラー・メイズ「インシディアス~ザ・ラスト・キー~」はアメリカで大ヒットしたホラー映画「インシディアス」シリーズの大4作「インシディアス最後の鍵」の世界観が再現されたホラー・メイズです。この作品は日本国内の映画館で上映されることはなかったのですが、10月にDVDの販売される予定だそうです!
今回は「インシディアス~ザ・ラスト・キー~」を体験した様子や、チケット&整理券情報などまとめてご紹介していきたいと思います。

どんなアトラクション?

インシディアス~ザ・ラスト・キー~はハロウィーンイベント期間中限定で開催されている、ホラー・メイズ・アトラクションです。
ホラー・メイズとは、ショーやライドとは違って、自分の足で歩いて進んで体験していく、いわゆるお化け屋敷スタイルのアトラクションです。

ホラーレベルと年齢制限

出典:http://www.usj.co.jp/

ホラーレベルは5。年齢制限は「R12」、小学生以下は保護者同伴であっても、体験することができませんのでご注意ください。
子どもさんと一緒に来場している場合、チャイルドスイッチ対応アトラクションですので、利用しましょう。
チャイルドスイッチについては、公式ホームページに詳細が記載されていますので、ご参照ください。

体験時間

体験時間は約5分です。
体験する人の怖がり具合によってこの5分が短いと感じるか、長いと感じるか変わってくると思います。

開催期間と開催時間

インシディアス~ザ・ラスト・キー~を体験できる期間は
2018年9月8日(土)~11月4日(日)までの期間限定です。
期間中は毎日お昼の12:00~パーククローズまで、アトラクションは営業しています。
ただし、後述しますが、基本的には整理券かエクスプレス・パスがないと体験できないアトラクションとなっています。

開催場所はパレスシアター

http://www.usj.co.jp/halloween2018/map/

インシディアスの開催場所は、ニューヨーク・エリアにあるパレスシアターです。

アトラクションのスパイダーマンと同じ並びにある建物なので、パークのエントランスを通ったら、真っすぐ直進し芝生が広がるグラマシーパークを右折すると到着します。

この建物の正面にある通りは「デランシー通り」で、ホラーナイト期間中のみ、黄色いスクールバスが登場していますよ。

整理券もしくはエクスプレス・パスが必要

インシディアス~ザ・ラスト・キー~はパークへ入場するためのチケット、スタジオ・パス以外に、整理券かエクスプレス・パスが必要なアトラクションです。
まれに待ち時間対応で体験できる日もあります。9月8日(土)のホラーナイト初日には、20時頃からは待ち時間対応(フリー入場)となっていました。必ずしもフリー入場になるとは限らないので、基本的にはどちらかを手に入れておきましょう。

整理券を手に入れるには?

整理券は無料で配布されます。
パークオープンから配布が始まり、なくなり次第配布終了となります。
インシディアス~ザ・ラスト・キー~の整理券はステージ14で配布されます。サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップの整理券の配布場所と近いので、間違わないようにしましょう。

朝早い時間帯は、整理券を求めて通りに人があふれます。右手側にあるラグーン(湖)側はサイレンス・イン・ザ・ゴーストシップの整理券配布場所です。インシディアスは、もう少し先に進んだ左側の建物で配布されています。


整理券の配布は、列に並んだ人1人につき1枚配布されますので、体験する人数全員揃った状態で列に並びましょう。スタジオ・パスの提示は必要ありません。
逆に、スタジオ・パスを提示しても、その場にいない人の分は受け取れませんので注意してください。

配布される整理券は体験時間を選べません。先に並んだ人から順に、早い時間帯の整理券(12:00~)になります。一緒に体験する人と一緒に並んでおかないと、後から並んでも体験時間が変わってくるので、一緒に体験することができなくなってしまいます。

受け取った整理券の体験時間が、ホテルアルバートや、サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップの体験時間、ハリポタ入場券などの他の時間指定のエクスプレス・パスと重なってしまう場合もあると思います。

例年なら、整理券の時間をずらしてもらえていましたが、今年はそのまま受け取る形だそうです。時間が重なっていると、記載されている体験時間に遅れることになりますが、整理券は使えます。入口で「遅れた理由」を伝えましょう。その際、重なってしまったアトラクションのエクスプレス・パスなどを見せるとスムーズです。

※9月8日時点の対応です。今後対応が変更となる場合もあります。

インシディアスが体験できるエクスプレス・パス情報

インシディアス~ザ・ラスト・キー~が確実に体験できる、体験確約が付いたエクスプレス・パスは1種類です。

恐怖絶叫ハロウィーンセット(¥4390~)

インシディアス~ザ・ラスト・キー~以外にも、カルト・オブ・チャッキー~チャッキーの狂気病棟~、ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~、貞子~呪われたアトラクション~の3つのアトラクションの体験確約がセットになっています。
ハロウィーンのエクスプレス・パスは公式ホームページですでに販売が始まっています。購入時には体験時間が選択できますので、他の見たいショーやパレードなどと重ならないような時間を選んで購入しましょう。

体験の様子(ネタバレ注意)

それではここからは、実際に体験した様子をお伝えしたいと思います。ネタバレになりますので、体験するまで内容を知りたくない方は、読むことをおすすめしません。

建物内はとても暗い

アトラクションは建物の2階にあります。整理券を渡したら、すぐ建物の2階へ上がっていきますが、その階段からとても薄暗いです。昼間に体験すると、目が暗さに慣れるまで時間がかかって、余計に怖く感じるかもしれませんね。

体験までにここでも少し待ち列が発生します。その間、テレビモニターで映像が流れているので見ておきましょう。

超常現象を研究しているSS社のジョナサンが、ある女性にインタビューしている映像です。何が起こったのか女性から聞き取っています。「昨夜、この世のものとは思えない何かがやってきた」「赤い扉を開けさせる必要があった」「もうその扉は開けた」「別のモノが欲しいと言っている」…と話す女性。ジョナサンが「別のものって?」と質問しますが、もうすでに手に入ったと。ジョナサンの映像に切り替わった瞬間、ジョナサンの背後には何かが…!!そして画像が乱れて砂嵐に…。

一瞬、ドキッとする映像です。

7~8人グループで進んで行く

順番が近づくと、だいたい7~8人のグループに分けられます。そして、グループごとに1本の真っ赤なロープが渡されます。ロープには結び目があるので持ちやすいようになっています。

真っ赤であること以外、過去のジェイソンやエルム街の悪夢と同じロープですね!

舞台は不気味な一軒家

クルーさんが扉を開けて、いよいよ中に入ると体験が始まります。

最初の部屋は玄関です。左側に鏡、右側に絵が飾ってあり、こまごまとした家具などが配置された、よくあるアメリカの家の玄関といった作りの部屋。

正面に映像が映っています。この家の廊下の映像です。廊下の1番奥に、亡霊が通ったかと思うと、だんだん近づいて来ます…!そして、次の瞬間、左側の鏡がビキビキビキ…!!と大きな音を立てて割れ始め、そこから亡霊が出てくるのかと思って構えていると、全然別の場所から飛び出てきます!さすが、最初からビックリ仰天です。

映像が終わるとそこがドアなので、先に進んで行きます。少し進むと洗濯機などがあるランドリーに。1人の女性が立っています。そして、先頭の人が「鍵」を渡されます。女性より「赤い扉を開けて逃げて!」と指示が。どうやら赤い扉の鍵のようです。

そしてドアを開けて進むと、奥の方には赤い扉が。両サイドには不気味な布が垂れ下がっていてゆらゆら揺れていて、今にも「出そう」な雰囲気が満開で、足がすくんでしまいます。そしていざ赤い扉に到着して、鍵穴に鍵を差し込んでみますが、扉は開かず…!?

最初から最後まで、終始ドキドキ、ビクビク、やっぱり飛び出てきて「ギャー!!」の繰り返しです。

さいごに

インシディアス~ザ・ラスト・キー~を体験した様子をご紹介しました。

過去のジェイソンや、エルム街の悪夢などのUSJならではの「びっくりする系」のホラーメイズで、他のホラーメイズに比べて、インシディアスは特に先頭であるとより楽しめる(=怖い)と思います。

建物内の通路はとても暗くて狭いです。亡霊や助けを求める人が飛び出てくるのも、すぐ顔の横だったりしますので、ビックリし過ぎてひっくり返ってしまうゲストの方も。男性ゲストの叫び声もよく聞かれます。

ストーリーもしっかりしていて、鍵を渡されたりと半ミッション遂行型のような体験ができ、ホラーが好きな方には楽しめる内容になっています。ホラーが苦手な方には、最初から最後まで辛いと思います。

例年通り、最後の最後まで気を抜いてはいけませんよ!