新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

ネタバレ注意!サイレンスインザゴーストシップ【USJホラーナイト2018】整理券情報も

2018年9月8日(土)から開催されているUSJのハロウィーンイベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」。
初登場のアトラクションも多い今年はなんと「大人ハロウィーン」「絶叫ハロウィーン」「こわかわハロウィーン」の3つのハロウィーンが体験できる、盛りだくさんの内容となっています!
その中の1つ「大人ハロウィーン」は“美しすぎるホラー”というテーマで「ホテル・アルバート」「ホテル・アルバート・ラウンジ&フォト・スポット」「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」「ブラッド・レジェンド」の4つのコンテンツを楽しむことができます。
今回は「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」のアトラクション基本内容から、体験した様子や整理券の取り方、専用チケット情報までまとめてご紹介していきたいと思います。

どんなアトラクション?まずは基本情報から

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップはハロウィーンイベント期間中だけ限定開催されるホラー・メイズ・アトラクションです。
ホラー・メイズとは、自分の足で歩いて進むお化け屋敷スタイルのアトラクションという意味です。

ホラーレベルと年齢制限

出典:https://www.usj.co.jp/

ホラーレベルは4です。数字が大きくなるほど怖さも大きくなるホラーレベルですが、たくさんあるコンテンツの中で、ホラーレベル4は高めです。
年齢制限がかかっていて「R12」小学生以下は保護者同伴であっても体験することができません。

体験時間(所要時間)

アトラクションの体験時間は約5分です。
5分と聞くと、とても短いように感じますが、ホラー体験中の5分は怖がりな人ほどとてつもなく長い時間に感じますよ!

開催期間と開催時間

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップを体験できる期間は
2018年9月8日(土)~11月4日(日)までです。
ハロウィーンイベントの開催期間中毎日体験することができます。
アトラクションが始まるのは毎日お昼の12:00~パーククローズまでとなっています。

開催場所は?

http://www.usj.co.jp/halloween2018/map/

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップの開催場所はステージ18です。

パークのエントランスを通ったら直進し、現在はセーラームーンが開催されているアトラクション「シネマ4-D」の前を左折すると入口が見えてきます。

ホテル・アルバート、カルト・オブ・チャッキーと同じ施設を利用しますので入口も1か所にまとめられています。入口の場所が分かりにくい場合は、近くにいるクルーさんに確認しましょう。

整理券もしくはエクスプレス・パスが必要

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップを体験するには、整理券かエクスプレス・パスのどちらかが必要です。
例外として、混雑時に応じて待ち時間対応になる場合もあります。9月8日(土)のホラーナイト初日には、19時ごろからは整理券なしで待ち時間対応(フリー入場)となっていましたが、毎回フリー入場になるかどうかは分かりません。

確実に体験したい場合は、どちらかを手に入れておきましょう。
エクスプレス・パスについては、すでに公式ホームページなどで事前販売が始まっています。整理券については、当日のパーク内でパークオープンから配布され、なくなり次第配布終了となります。

整理券(無料)の配布場所は?

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップの整理券は、当日の朝パークオープンから「バッテリーパーク」で配布されます。アトラクションがある場所とは別の場所になりますので、注意が必要です。パーク中央にある湖(ラグーン)を目指しましょう。
「インシディアス~ザ・ラスト・キー~」も整理券が配布されるアトラクションですが、配布場所が違いますのでしっかり把握しておきましょう。

ホラーナイト初日、バッテリーパーク周辺の様子です。

右手側の青い矢印の方が「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」の整理券配布場所の待ち列です。もう少し奥の左手側(赤い矢印)は「インシディアス」の整理券配布場所です。この待ち列の先にあるテントの下で整理券が配布されます。

整理券は並んでいる人、1人に1枚配布されます。スタジオ・パスの提示も必要ありません。一緒に列に並んでいない人の分はもらえないからです。
また、子どもさんと一緒に並んでも、対象年齢に満たない子どもさんは配布対象になりませんので、もらえません。
体験する人が必ず列に並びましょう。
整理券は体験する時間は選べません。早く並んだ人から、早い時間の整理券が配布されます。以前は、時間指定のある有料のチケットがある場合で、整理券の時間と重なってしまった場合は時間をずらしてもらえましたが、今年はそのまま受け取る形です。

そして、整理券の表記時間より遅れた場合は、遅れた理由を入口で伝えます。その際、時間指定の有料チケットを一緒に提示するとスムーズです。

※あくまで9/8の対応です。運営方針は変更になる場合があります。

体験できるエクスプレス・パス(有料)情報

体験したいけど、朝1番にパークに到着するのが難しくて整理券配布に間に合いそうもない場合や、整理券取得のための待ち時間がもったいない!と言う場合はエクスプレス・パスがおすすめです。

また、ホラーコンテンツだけなら1日あれば全部回ることも不可能ではありませんが、ハリポタエリアや、定番アトラクションも回りたい!という場合は、到底1日では回りきれません。そんな時にもエクスプレス・パスを検討してみてくださいね。

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップの体験確約が含まれているエクスプレス・パスは3種類販売されています。
大人ハロウィーンセット~プレミアム~
大人ハロウィーンセット~スタンダード~
ハロウィーン全部満喫セット

体験したいアトラクションと予算に合わせて、自分にあったエクスプレス・パスを選びましょう。
エクスプレス・パスは体験時間が購入時に選べますので、他のスケジュールと合わせて時間を選んで購入できます。エクスプレス・パスがあれば、当日に整理券を取る必要はありません。

体験の様子(ネタバレ注意!)

それでは、ここからは体験した様子をご紹介していきたいと思います。

ネタバレになります。体験するまで内容を知りたくない方は読むことをおすすめしませんのでご注意ください。

建物に入ると船長のアナウンス

建物の中に入ると、少しまだ待ち列が続きます。

建物内には、船の積み荷が積み上がり、その後ろにはボロボロになったスクリーンに映像が流れます。白黒映像なのですが、恐らくはこれから乗船する幽霊船の過去の映像です。華々しく就航するシーン、船内での社交ダンスのシーン・・・。とても豪華な船だったんだなという事が分かりますが、次のシーンはなんとその船が沈没のシーン、たくさんの人が逃げ惑うシーンとなります。

同時に、幽霊船の船長の声が響いています。「招待状をお持ちの諸君、我々のパーティへようこそ・・・。」

招待状をしっかり持っておくように、それがあれば幽霊船との世界を行き来できるんだそうです。私たちは、幽霊船の船長にパーティに誘われたようです。

この先で10人ほどのグループに分けられ、グループでの体験になります。

招待状を受け取りいざ乗船!

体験の直前に、招待状を受け取ります。

この招待状、シールになっていて体験後は記念に持ち帰ることができます。よく読んでみるとちょっと面白いです。素晴らしい汽船の一等席のチケットなんだそうですが、未知の世界の、と付け足され笑顔のガイコツ船長のマークが入っています。よく作られていますね。

招待状を受け取ると、いよいよ中へ足を踏み入れます。

そこは港の波止場です。大きな船の船首部分があり、その下に舟への入口があります。入口までには短いながらも橋が架かっていて、いよいよ乗船するんだな、という雰囲気でドキドキ!

船体にはゴーストの顔や手が映像で浮かび上がり、とても怖いです。

橋を渡って船に入ると、1人のクルーがいます。と、同時に「体は我々が頂く・・・!」という船長の声が。パーティへ招待するのは表向き、私たちの体を乗っ取ろうとしているようです。

そこでクルーさんから「ゴーストは目が見えない。そのかわり音に反応する。」と説明を受けます。なるほど、だから「沈黙の」幽霊船なんですね!

そして、いよいよ船内へ。

悲鳴をあげるとゴーストが寄ってくる!

中は狭くて薄暗いですが、豪華客船の船内が忠実に再現されています。客室の廊下には、ドレスを着た乗客。船内のレストランにはメイド姿のスタッフ。併設されたキッチンにはコックさん。甲板には水兵さん。

それぞれの場所でゴーストたちは、「う~…う~…」とうめき声を上げながら普通にさまよっていて、本来の仕事をしている様子。

私たちは、さまよっているゴーストの間を通って行かないといけないんです!

そして、途中には大きな物音や助けを求める声が突然あるので、びっくりして悲鳴を上げてしまうと、さまよっていたゴーストがバッ!と一斉にこちらを向き、体を乗っ取ろうと迫ってきます!!

そして、とある空間にゴーストではない女性と遭遇します。なんでもこの女性の友人が出口を探してきてくれているそうで、ここで待ってて!と言われドアの前で待機します。

すると突然ドアが開き、その友人と思われる女性から「出口を見つけたけど、船長(ゴースト)を起こしてはだめ!」と指示を受け、次の部屋へ入ります。なんと、その部屋は船長室だったんですね。

そして、その部屋に入った瞬間…!?

最後のクライマックスはぜひ現地で体験してみてください!

さいごに

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップを体験した様子をご紹介しました。

「すでに見えている」ゴーストの間をすり抜けていかないといけないという恐怖と、「あ!」とか「うわ!」とかちょっとの声を上げてしまっただけで、一斉にゴーストが寄ってくる瞬間の恐怖は新感覚!

さまよっているゴーストなので、ゾンビなどよりは攻撃的ではないとはいえ、ストーリー性もあり、中のセットが本当に船内にいるような感覚になるほどリアルなので、怖さも倍増!思わず両手で口をふさいで進んでしまいます。

他のホラーメイズに比べるとグロさもあまりありませんが、「幽霊船」の世界観にどっぷり浸れる体験ができますよ!