新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

USJ2018「ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~」ネタバレ注意!体験の様子をご紹介!待ち時間情報も

2018年の今年も、USJでハロウィーンイベントが始まりました!
9月7日(金)から「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」が始まり、翌日の9月8日(土)から夜のハロウィーン「ハロウィーン・ホラー・ナイト」もスタート。
今年のハロウィーンは「大人ハロウィーン」「絶叫ハロウィーン」「こわかわハロウィーン」の3種類のハロウィーンが楽しめるUSJ。
例年大好評の「絶叫ハロウィーン」では、新ゾンビが続々登場したり、新登場のホラー・メイズがたくさんです。
中でも、昨年初登場したホラー・メイズ「デッドマンズ・フォレスト~死の森からの脱出~」が、パワーアップ!「ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~」として登場しました。ミッション遂行型の内容ですが、今回は自ら罠をしかけたり、クリーチャーと戦ったり・・・!?
「ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~」を体験した様子や、チケット情報などをまとめてご紹介していきたいと思います。

開催期間と運行時間

デッドマンズ・フォレスト2を体験できるのは、USJのハロウィーンイベント期間中のみです。
2018年9月8日(土)~11月4日(日)までの期間限定となっています。
アトラクションの運行時間は10:00~パーククローズまでです。朝から夜まで1日通して運行されているんですね。

開催場所は?

http://www.usj.co.jp/halloween2018/map/

デッドマンズ・フォレスト2は、サンフランシスコ・エリアにある既存のアトラクション「バックドラフト」の内部を使用して運行されます。パークのエントランスからは対角線上にありますので、ゆっくり歩いて約10分くらいかかる場所です。
ハロウィーン期間中は通常のバックドラフトは運行されません。

どんなアトラクション?

デッドマンズ・フォレスト2は自分の足で歩いて進む、ホラー・メイズ型のアトラクションです。建物の中と、一部屋外も使って運行される、ミッション遂行型のアトラクションです。

まずは建物のなかでプロローグを見て、屋外へ移動。「死の森」の中でクリーチャーとの攻防戦が繰り広げられるという内容です。

大まかな流れとしては、昨年のデッドマンズ・フォレストとだいたい同じ流れですが、セットがさらにバージョンアップした感じですね。

ホラーレベルと年齢制限

ホラーレベルは4。R12指定となっており、小学生以下は大人が同伴しても体験することができません。
チャイルド・スイッチ対応のアトラクションです。

体験時間

アトラクションの体験時間は約25分です。
建物内で映像やショーを見たり、クリーチャーが潜む森を歩き回ったりと、意外と広範囲を移動しますので、他のホラー・メイズと違って時間がかかります。

まず、建物内でのプロローグ鑑賞が約10分。外へ移動し森へ入るまでに少しの待ち時間が発生します。建物内は団体行動ですが、森へ入る時にグループ分けされるからです。その時間が約10分。そして、最後森の中での脱出劇の体験に約10分。

混雑状況にもよりますが、ゲストの数が多い時、中に入って外に出てくるまで、最長30~40分かかる場合もあります。
森の中では少人数で移動しますし、クリーチャーが立ちふさがったり、追いかけられたりして逃げ惑ったり、立ちすくんだりしていると多少、体験時間が伸びる場合があります。

待ち時間はどれくらい?

2017年に開催された「デッドマンズ・フォレスト」の続編という形である、「ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~」。

整理券かエクスプレス・パスが必要な「インシディアス」「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」と違って、特にチケット類は必要ありません。パーク内の他のアトラクション同様、並べば体験できるアトラクションです。

10時から開催されているアトラクションで、1日通してゲストが分散するのでそれほど長い待ち時間にはなっていないようです。

ホラーナイトが始まった9月8日(土)~9月10日(月)の3日間を見てみると、週末にも関わらず最高でも60分待ち程度。平均すると20~30分待ち程度の待ち時間で、1番短くて15分待ちの時もありました。天候が雨だったこともあるとは思いますが、比較的短い待ち時間で体験できそうです。

雨の日にはカッパの準備を

デッドマンズ・フォレスト2は、まず、プロローグを鑑賞する建物に入るまでの待ち列の一部は、屋根のない屋外になります。

前半のプロローグは建物の中なので濡れることはありませんが、プロローグ鑑賞後は屋根のない外に出ます。森の中では傘はさすことができません。それほど長い時間体験するわけではないので、小雨の時にはタオルなどでもいいかもしれませんが、本降りの時にはカッパの持参をおすすめします。

待ち時間を短縮できるエクスプレス・パス

たくさんあるハロウィーンイベントのコンテンツですが、整理券の取得が必要だったり、長時間の待ち時間が発生したりと、1日では到底全部を回りきるのは至難の業。そんな時、体験の確約や待ち時間の短縮ができるチケットが、エクスプレス・パスです。
デッドマンズ・フォレスト2を体験できるエクスプレス・パスは2種類販売されています。
ハロウィーン全部満喫セット
恐怖絶叫ハロウィーンセット
エクスプレス・パスはすでに販売が始まっています。それぞれ、体験できるアトラクションの種類が違いますので、体験したい内容と予算に合わせて選びましょう。購入の際には体験時間が選べますので、他に体験したいショーやパレードの時間と重ならないような時間帯を選択してくださいね。

体験の様子(ネタバレ注意!)

それでは、ここからは実際に体験した様子をご紹介していきたいと思います。ネタバレになりますので、体験するまでないようを知りたくない方は、読むことをオススメしません。ご了承ください。

キューラインでテレビモニターを鑑賞

バックドラフトの建物内に入ると、中に待ち列が発生しています。待ち列にはいくつもテレビモニターがぶら下がっているので、しっかり見ておくとストーリーが良く分かります。今回の事件の概要が「ニュース番組の報道」という形で流れています。

「サンフランシスコ郊外の化学薬品工場で起きた爆発事故現場付近の森で、不審事象が相次いで発生しています。事件の始まりは古くからパワースポットとして親しまれているこの森で、野生動物が次々に人々を襲うという残酷な事件が起こった事でした。それ以来、森に入った人が次々に行方不明となっています…」

「州警察は地元のハンターたちとともに行方不明者の捜索を行っていましたが、ハンターたちと連絡が途絶えてしまっている事から、深刻な事態と判断したカリフォルニア州は、軍に出動を要請。さらに大規模な捜索が行われる予定です。化学薬品工場の爆発事故と、今回の一連の騒動の間には何らかの関連性があると考えられています。現在様々な憶測が飛び交い、周辺住民の不安が広がる中、行方不明者の安否、そして騒動の全容解明が望まれます。」

速報も流れます。

「およそ1年前、サンフランシスコ郊外の化学薬品工場で起きた爆発事故現場付近の森で、先ほど新たな爆発が確認されました。…事故当時多数の行方不明者が出ており、地元州警察や軍の部隊が出動し大規模な捜索活動が行われましたが、行方不明者の発見には至りませんでした…」

2017年にデッドマンズ・フォレストを体験した人は、なつかしさとともに事件の続編である事に昨年の体験を思い出しワクワクすると思います。そして、初めて体験する人にも2017年に起きた事件の理解ができる内容となっているのがさすがですね。

アトラクションとしてもストーリーがしっかり理解できたところで、いよいよ最初の部屋に入ります。

最初の部屋(屋内)でプロローグ鑑賞

セットはバッグドラフトの時とほとんど変わりはありません。大きなスクリーンがかかっているので、立った状態でその映像を見ながら、軍人さんからの話しを聞きます。

「すでにこの付近での爆発事件はご存知の通りです…」という話し出しから始まるので、やはり事件についてキューラインのモニター映像は見ておいた方がいいですね!

私たちは周辺住民の1人になっています。私たちがいるこの地域に非常事態宣言が発令されたので、ここから脱出するそうです。

脱出するにあたって、軍が保持していた極秘事項が暴露されます。1年前に起きた化学薬品工場の事故の話しから始まります。

先ほど待ち列でのニュース内容と連動するのですが、行方不明者は見つかっていない、と報道されていましたが、実は違ったようです。

薬品会社の手によって1年前の事故で凶暴化した人達は、強制収容所に隔離されていたのです!さらには政府もそれを知っていて、極秘に管理していたそうです。

そしてまた、さっき見た速報ニュースと繋がる事実が判明。今朝、その収容所で事故があり、凶暴化した奴らが大量に逃げ出しだそうです。

映像とともに極秘事項が伝えられますが、今朝の事故の監視カメラ映像がとてもグロいです…。逃げ出したクリーチャーに襲われて喰われる施設の人たちの映像が次々と映し出され…。

と、次の瞬間、監視カメラにクリーチャーのドアップに!!そして映像は乱れて砂嵐に…。緊迫の絶頂の瞬間なのでとってもビックリします。

プロローグが終わると次の部屋へ進みます。

私たちはこれから軍が用意してくれたバスに乗って、ヘリコプターの着陸ポイントまで移動するそうです。

次の部屋(屋内)で事件が起こる

次の部屋にも軍の人が待ち構えています。バスへ案内してくれるそうなんですが、女性や子どもから先に乗せるので、男性は下がって待っているように指示されます。

バスへ移動するために、次のドアを開けた瞬間!なんとクリーチャーが!!中に入ってくるのを食い止めるため、しばし撃ち合いになります。危ないので、引き返してさっきの部屋へ戻ろうとしますが、別の軍人さんから「ドアを開けるな!!」とストップが。

部屋にあったスクリーンに、さっき私たちがいた部屋のライブ映像が映し出されるのですが、なんと、そこにはクリーチャーがうろうろ!さっきの部屋の記憶が新しいので、本当にクリーチャーが迫ってきているかのようなリアルさです。

周囲をクリーチャーに囲まれた状態なので、しばし軍人さん達がパニックに。すると今度は、ステージの方からクリーチャーが入ってきて、再び撃ち合いに。薬品が入っている容器に玉が当たり、プシュ―ッと何かが噴き出します。するとその薬品を浴びたクリーチャーは死んでしまいます。

一時的にクリーチャーの脅威から逃れたものの、無線も壊れてしまったので歩いてヘリポートへ行くことに。ヘリポートまでは6マイル(=約10㎞弱)だそう。でも、歩いて森を抜けると10分で到着できるんだそうですよ。

スクリーンには地図が映し出されます。なんと、ヘリポートは隔離施設の先にあって、まだセキュリティシステムが使えるんだそうです。

私たちはこれから、その施設へ向かいます。森にはクリーチャーがいるのですが、それを撃退するには、さっきの薬品が有効なんだそう。クリーチャーに囲まれたら、その薬品をクリーチャーにかけて撃退するよう指示が。さらにはセキュリティシステムにはパスワードが必要なんだそうで、6桁の数字を教えられます。

このパスワード、本当に使うので覚えておきましょう。

外へ移動(屋外)

事件を鑑賞したあとは、屋根のない外へでます。この先の森へ入るまで、少し待ち時間が発生します。出た所は霧が立ち込めていて、バスがあります。ただ、このバスのタイヤ付近には、ずたぼろの遺体が…。そして、先に森に入っている他のゲストの悲鳴がダダ洩れです。

森に入る前にざっくりと10人程度のグループに分けられます。

いざ!森の中へ(屋外・一部屋内)

グループごとに森へ入っていく訳ですが、最初から分かれ道になっていて、自分たちで好きな方へ進んで行きます。行きつく場所は同じなのですが、迷路のようになっているので、何パターンも道があります。

昨年との大きな違いは、道がコンクリートになっているのでとっても歩きやすい事(昨年は森を忠実に再現されていたので土でした)。

森の中にはたくさんの遺体が転がっていて、クリーチャーがうろうろ。クリーチャーをよけながら、飛び出してくるクリーチャーにびっくりしながら道を進んで行きます。

施設に近づくと、フェンスに囲まれた場所に到着。そこには、さっき説明を受けた、クリーチャーを撃退できる薬品の名前が書いてあるドラム缶がいくつも並んでいます。

ドラム缶にはボタンが付いていて、クリーチャーを撃退するため罠をしかけた!と軍人さん。ゲストにボタンを押すように指示されます。ボタンを押すと、大量の薬品(水)が噴き出し、ゲストに降りかかります。場所によっては、そこそこ濡れます。

そして、その場所を抜けると、最後建物(収容施設)の中へ入ります。その建物は、以前に「プレデター」や「祟~TATARI~」が開催されていた、あの場所。結構広い建物なんですよ!

その建物の中に入ってからが、昨年との大きな違いです!

次々と襲い掛かってくるクリーチャーから逃れながらも、薬品を取り出す容器を探したり、檻を開けるための鍵を探したり…。でっかいクリーチャーから逃げるために、1人ずつ小さい隙間に隠れては息をひそめてやり過ごしたり…。本当に収容施設にいるんだ、と思えるすごい臨場感と緊迫感!

そして、最終的に脱出するための部屋に到着。部屋は2つに分かれていて、1つはタッチドアがありますが、もう1つはありません。どちらがあるのかは軍人さんにも分からないので、自分で入る部屋を決めるように指示されます。部屋は中央に仕切りがあるだけなので、お互いに見えます。仕切りにはセキュリティシステムがあるので、ここであのパスワードを入力するんです。忘れてしまってても大丈夫。軍人さんが教えてくれます。

そして、パスワードを入力すると…!?

はたして無事に脱出できるのか!?衝撃のクライマックスはぜひ現地で!

正直なところ、ドアがない部屋にいた方が楽しいです。

さいごに

ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~を体験した様子をご紹介しました。

しっかりとしたストーリーがあるので、臨場感がすごいです。そして2017年のデッドマンズ・フォレストの続編ということで、収容施設などの建物も増えて、進んで行く範囲がさらに広く、さらに複雑に、さらに楽しくなっています!

屋外の森については例年同様、昼間に体験するとクリーチャーが丸見えなので、怖さは半減します。その分、ずたぼろ遺体やクリーチャーの顔などがはっきり見えるのでグロさが増します。

ビックリする系が苦手な方は、まずはお昼に体験してみてはいかがでしょうか。

そして、ホラーが得意な方は昼も夜も体験してみて、明るさの違いや、進む道を変えてみたり、コンプリート出来た時、できなかった時など結果の違いを楽しむのもよさそうです。