新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

USJの濡れるアトラクション5選!濡れないためのアドバイス

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)は、濡れるアトラクションが多いことでも有名です。

ディズニーランドと比べてもアトラクションは多いですし、濡れ方もUSJの方が断然上です。

「どれだけ濡れたって構わない! 私は風邪とか引かないし~♪」という人もいるかもしれませんが、多くの人はできれば濡れたくないでしょう。

そこで今回は、濡れるアトラクションを紹介。さらに濡れずにアトラクションを楽しむためのワンポイントアドバイスも掲載します。

USJで濡れるアトラクションは何?

では、実際に濡れる危険性の高いアトラクションを紹介していきます。

特に濡れるリスク、濡れる程度の大きさ(濡れ度)を星の数で表しています。

アトラクション名 濡れ度
ジュラシックパーク・ザ・ライド ★★★★★
ウォーターワールド ★★★★
ジョーズ ★★★
スパイダーマン ★★
バックドラフト

以上の5つのアトラクションが、特に濡れる危険があるので覚悟しておきましょう。

ジュラシックパーク・ザ・ライド ★★★★★

なかでも1番濡れ度が大きいのが、ジュラシックパーク・ザ・ライドです。ジュラシックパーク・ザ・ライドは、最後に急速に落下するポイントがあります。

ちょうど、ディズニーランドのスプラッシュマウンテンと似ています。このときに、それこそびしょびしょになるぐらいの水が。

濡れないためのワンポイントアドバイス

これを防ぐのは、ポンチョを着ていても難しいです。できれば、レインコートが欲しいところ。

ウォーターワールド ★★★★

前の列にブルーシートが張られた座席があります。ここが要注意スポットです。ココに座ると、ずぶ濡れになります。

濡れないためのワンポイントアドバイス

ブルーシートの席に座っていなければ、濡れることはありません。濡れたくない方は、この席を避けるようにしましょう。

ジョーズ ★★★

上半身は確実に濡れます。

濡れないためのワンポイントアドバイス

下半身まで水が来ることはありません。ポンチョがあれば、充分にしのぐことができます。

スパイダーマン ★★

意外と知られていませんが、スパイダーマンでも水が浴びせられます。気を抜いていると、やられる可能性があります。

濡れないためのワンポイントアドバイス

水が出てきますが、ジュラシックパーク・ザ・ライドなどに比べれば微々たるものです。せいぜい顔が濡れる程度ですから、ハンカチがあれば充分です。ちなみに、水の怪物が登場するシーンで、水が噴き出す演出があります。

バックドラフト ★

水が出てくる演出がサプライズであります。

濡れないためのワンポイントアドバイス

スパイダーマンと同じく、出てくる水は少量です。ハンカチがあれば大丈夫。

濡れるアトラクションの注意点

★3つ以上のアトラクションは、特に荷物まで濡れる可能性があります。最悪、荷物にスマホが入っていると、濡れてデータが飛ぶ危険も。

対策としては、濡れるアトラクションに乗る前に、園内のロッカーに荷物を預けてしまうのがよいでしょう。後は、本当に濡れて困るものだけ、防水のポーチなどにまとめて入れておくのも吉。

園内にはポンチョが売られている

園内にポンチョの販売所があります。濡れるアトラクションに乗る前に、こぞってここで買っている人も多いです。しかし、ジュラシックパーク・ザ・ライド、ウォーターワールドのブルーシートの席では、ポンチョでは到底防ぎきることはできません。

これらのアトラクションに乗る際には、レインコートを持参しましょう。100均のコートを買っていく人も増えています。

濡れるアトラクションについてまとめ

特にUSJのなかでも濡れる危険の高いアトラクションを紹介してきました。なかでも注意が必要なのは、ジュラシックパーク・ザ・ライドウォーターワールドの前席

ポンチョを着てるから大丈夫♪とはならないので、万全の準備(レインコート着用!)をして満喫しましょう。

(画像出典:ユニバーサルスタジオジャパン

シェアする

アプリでUSJ待ち時間を快適に♪

USJ待ち時間&混雑予想ナビ
USJ待ち時間&混雑予想ナビ