本日よく読まれている記事

冬のUSJに持って行くと便利な持ち物リスト!小物や防寒グッズ

冬のUSJは巨大なクリスマスツリーの出現や、夕方早めの時間からショップやアトラクションのイルミネーションが楽しめるなど冬独特のお楽しみがあります。

寒い冬にパークに持って行くと便利なアイテム№1は、スマホ対応手袋です!他にも持って行くと便利なグッズを集めてみました。

冬のユニバに持って行くと便利な持ち物(小物編)

まずは、ポケットサイズの小物編です。あると便利なので、家から忘れた場合は、パークに着く前に買い足してもOK

スマホ対応手袋

冬のユニバの持ち物でダントツおすすめはスマホ対応手袋です。

これがないと楽しみが半減と言っても過言ではないほどおすすめです。

スマホで公式アプリを見る時、写真を撮る時、動画を撮る時、ラインをする時、とにかく寒くて指が震えていては始まりません!手袋はスマホ対応のものが正解です!

温感ハンドクリーム

冷え対策にハンドクリームを塗るという方法がありますが、温感ハンドクリームであればさらにおすすめです。ただし、温感といっても、体温よりも+1~2度程度の効果のものが殆どなので、特別温かくなると期待して塗ると、あれ?と思うかもしれません。

寒いのを我慢して肌を出すオシャレをしていく方には特におすすめです!

リップクリーム

肌と同じく冬場は口唇も乾燥しがちです。特に屋外アトラクションやキャラクターとのグリーティングメインでパークを走り回る予定の方は忘れずに!

屋内も暖房が効いているため、意外と乾燥しています。ポケットに忍ばせておくと便利です。

冬のユニバに持って行くと便利なもの(防寒着編)

服装での防寒対策も忘れてはいけない大事なポイントです。小物類を上手に活用して寒さ対策をしてください

ニットキャップ

寒さ対策と言えばニットキャップが手軽ですが、これはパーク内で友達や家族、彼氏や彼女とオソロ購入がおすすめです

ユニバ内のショップには、スヌーピーの耳が付いたものや、セサミキャラの目がついたもの、大人気のミニオンのニットキャップなどたくさんの種類のキャラクターニットキャップが売っています。

いかにも防寒対策!という雰囲気ではなく、キュートなオソロコーデとしておすすめです。

あったかインナー

冬の必需品とも言える薄手素材のあったかインナーはユニバでも大活躍してくれます。

たくさん重ね着したモコモコスタイルもかわいいですが、パーク内を走り回るには不向きな点も。スタイリッシュで動きやすい冬コーデにはあったかインナーは欠かせません。

スヌードやネックウォーマー

首元を温めると、脳が温かいと勘違いして寒さをあまり感じないという話を聞いたことがありませんか?

寒さ対策にはスヌードやネックウォーマーもおすすめです。

日中暑くなってきたら簡単に脱ぐことができ、カバンにしまっておいてもかさばらない点がおすすめです。

冬のユニバに持って行くと便利なもの(防寒グッズ編)

パレード待ちなど、防寒グッズとしておすすめなものをご紹介します。特に100均で揃えられるアイテムをご紹介します。

カイロ

冬のあったかアイテムとしてはずせないのはカイロです。貼るタイプ、貼らないタイプどちらにするかは使う人の好み次第ですが、普段カイロを使わない方は、大袋で購入するのをためらいませんか?半日動き回る程度であれば、100均ショップの1個売りのカイロでも十分です。

温熱アルミシート

100均ショップの防災コーナーなどに置いてある薄いアルミシートは、防寒アイテムとして非常に優秀です。風を通さず熱を逃がさない上に、非常に薄くて軽く、折り畳めばカバンの中でも邪魔になりません。

朝のパークのゲートオープン待ちやパレード待ちで座っている時にブランケットのように羽織ったり、ベビーカーの赤ちゃんに巻いてあげるなど様々な使い方ができるのも嬉しいポイントです。

冬のユニバに行く前にはぜひ手に入れてもらいたい1品です。

寒さ対策をして楽しみましょう!

冬のユニバ、寒さに負けずに元気に走り回りたいですよね!後から写真を見たら、寒そうに肩が上がっていたり、背筋が曲っていたなんてことになっていたら、楽しい思い出も台無しです。しっかり寒さ対策をして、冬のユニバを100%楽しんで来てくださいね

※手袋とスヌード・ネックウォーマー画像引用先:ZOZO TOWN

冬クリスマスのUSJ、何を着ていく?おすすめコーデ&ファッション!【11月12月大阪お天気と気温】
ハロウィンが終わって、再び仮装ではないスタイルでユニバに行くことになる11月、12月。 パーク...

記事を読む