新着投稿

本日よく読まれている記事

よく読まれている混雑予想

USJ夏イベント!「ウォーター・サプライズ・パレード2019」鑑賞ガイド!特別エリアや更衣室情報も

7月2日(火)から開催されている、2019年のUSJの夏イベント「エクストラ・クール・サマー」

例年、びしょ濡れ度合いがますますUPしていますが、今年も例外ではなく「360°ビショ濡れパーティ!」をテーマに、さまざまなビショ濡れイベントが開催されています。

2019年のビショ濡れイベントは全部で3つ!

・初登場のミニオンの夏限定ショー「ミニオン・クール・ファッションショー」

・びしょ濡れの昼のパレード「ウォーター・サプライズ・パレード」

・ワンピースとコラボした「ワンピース・ウォーターバトル」

今回ご紹介するのは、夏のパレード「ウォーター・サプライズ・パレード」です!

新しくなった新びしょ濡れエリア「360度びしょ濡れ!特別エリア」も登場し、パワーアップしたパレードのフロート情報や、鑑賞場所、ウォーター・シューター情報や、更衣室情報などをまとめてご紹介していきたいと思います。

開催期間とパレードルート

開催期間と開催時間

ウォーター・サプライズ・パレードは、夏限定のイベントです。

開催期間は2019年7月2日(火)~9月1日(日)です。

パレードは開催期間中、毎日1日1回、13:30~始まって、パレードルートを約45分かけて練り歩きます。途中、パレードがストップする場所が4カ所(びしょ濡れエリア)あり、そのストップ場所で水かけバトルが開催されます。

屋外のパレードですので、雨の日は中止となります。ですが、パレード途中で小雨が降っている程度の場合は、そのまま開催が続行されることもあるようです。

中止となった場合、キャノピー下でスペシャル・グリーティング(記念撮影)が開催される場合もあります。

パレードルート(開催場所)

出典:https://www.usj.co.jp/summer2019/water/parade/

パレードのルートは公式ホームページのマップの通りです。赤い点線がパレードルートですが、途中の黄色い縁取りで水色に塗られている所が「びしょ濡れエリア」です。

そして、パレードルート後半にある「☆」のマークの場所が「360°びしょ濡れ特別エリア」(有料)です。

また、小さいお子様(未就学児)連れの方専用の「リトルキッズエリア」が、パレード序盤のスタジオ・スターズ・レストラン前にあります。

おすすめの鑑賞場所

びしょ濡れになりたい時には「びしょ濡れエリア」

びしょ濡れエリアになりたい時には、迷わず「びしょ濡れエリア」で体験しましょう!

先ほどのマップで、黄色い縁取りで水色に塗られている4か所の場所が「びしょ濡れエリア」です。ここでは、進んできたパレードのフロートが一旦ストップして、キャストさんやキャラクター達と、水かけバトルが楽しめる場所です。

キャストさん達からはウォーター・シューターやバケツでの放水、フロートの上からも放水、最後にはウォーター・キャノンが打ち上げられます!

放水は、前からだけではありません!フロートと反対側、背にしている建物からも大量の水が放水されますので、全身ずぶ濡れになりますよ。

防水をしていなければ、下着まで濡れるレベル、スカートなどは絞れるレベルの濡れ具合です。

もっとずぶ濡れになりたい時には「特別エリア」

通常のびしょ濡れエリアでも、十分全身ずぶ濡れになるのですが、それ以上にびしょ濡れを楽しみたい時には、有料ではありますが「360°びしょ濡れ!特別エリア」がおすすめです!

ニューヨーク・エリアにあるグラマシーパークが「360°びしょ濡れ!特別エリア」です。

ここは、この夏初登場の夏限定ショー「ミニオン・クール・ファッションショー」の開催場所でもあるので、ステージが常設されている場所です。そして、人工芝の周りをコの字型にぐるりと道路で囲まれているので、パレードのフロートに周囲を囲まれる場所でもあります。

このエリアでウォーター・サプライズ・パレードを体験するには、専用のチケットが必要な有料エリアとなっています。

普通のびしょ濡れエリアとの違いは?

パレードルートにある4か所のびしょ濡れエリアと何が違うのかをまとめてみると…

①ステージでショーが開催される

グラマシーパーク内にあるステージで、パレードが到着するまでの時間で、ちょっとしたショーが開催されます。パレードが到着してから、より楽しめるようにダンスの練習をしたり、盛り上がっていきましょう!と言った内容です。

②ステージ上からも放水

ショーが行われる、このステージ周辺も放水装置だらけですので、キャストさんのショーを見ながら放水されます。本番であるパレードのフロートが到着するまでに、すでに全身びしょ濡れになってしまうんですよ。

また、本番ではここにしかないビッグ・バズーカを持ったキャストさんがステージ上から大量に放水します!

③でっかいバケツでの放水

この特別エリアだけに設置されているのが、ミニオンの顔がデザインされた、大きなバケツ。エリア内に4カ所設置されているのですが、たっぷりの水が入っています。

パレードが到着してからの、クライマックスで一気にバケツが傾いて水がぶちまけられるのですが、その威力はハンパないですよ!

服のまま海やプールの中に飛び込んだような状態になります。

③四方八方がフロートで囲まれる

グラマシーパークが道路に囲まれた場所ですので、ウォーター・サプライズ・パレードの全フロートがエリアを囲むようにストップします。エリアの中にいると、全部のフロートをぐるりと見渡すことができますよ。

特別エリア専用チケット情報

出典:https://www.usj.co.jp/ticket/event/summer2019/cip-water-parade.html

360°びしょ濡れ!特別エリアは有料エリアです。

チケットは公式ホームページのWEBチケットストアで事前に購入できる他、パークのチケットブースやパーク内店舗で当日に購入することができます。

チケット料金は大人、子ども、シニア共通で¥1300~1700です。(料金は日によって価格が変動します。)4歳以上1人1枚のチケットが必要です。

小さい子連れなら「リトルキッズエリア」

小さい子ども(未就学児)をお連れの方には、子どもさんとその保護者限定のエリア「リトルキッズエリア」がおすすめです。

ウォーター・サプライズ・パレードは、全エリア最前列から立ち見となります。最前列でないと、パレードが見えないのはもちろん、人気のパレードですので最前列から4列、5列と両サイドの歩道は人垣になります。大人のゲストに混ざっての参加は、パレードが盛り上がってくると、周りのゲストにもみくちゃになってしまったり、迷子になってしまう可能性もあります。

そんな時にはこの「リトルキッズエリア」がおすすめです。

リトルキッズエリアは、アトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」の向かい側にあるレストラン「スタジオ・スターズ・レストラン」前の歩道を、柵で囲ってあるエリアです。

柵で囲まれた範囲ですので、迷子の心配が減るのと、周りがみんな未就学児のみですので、大人にもみくちゃにされる可能性もなく、安心して水かけバトルが楽しめます。

水がかかる量については、他のびしょ濡れエリアと全く同じですので、全身ずぶ濡れにはなります。

※エリアに入れる人数には限りがありますので、混雑日には定員となる場合もあります。

濡れたくない時には上記以外の場所で

パレードは見たいけど濡れたくない、という方は、マップのパレードルートの、びしょ濡れエリア以外の場所で鑑賞しましょう。

びしょ濡れエリアは後方でも、想像以上に水が飛んできます。また、水かけが始まったら避難しよう、と思っていても周囲がゲストでいっぱいになるので、パレードが到着してからの場所移動は危険ですし迷惑になります。

びしょ濡れエリアとの境界線には、画像のようなシートが置いてありますので目安にしましょう。このエリアの外でも、風向きによっては水しぶきが飛んでくる場合もあります。

ウォーター・シューターを持って楽しもう!

ウォーター・サプライズ・パレードは、ウォーター・シューターを持っていると、キャストさん達との水かけバトルを楽しむことができます。もちろん、シューターがなくても十分楽しむことができますが、もっていると100倍楽しいですよ!

2019年に販売されているウォーター・シューター情報

基本的には、USJ内でのイベントはパーク内で購入したウォーター・シューターのみ使用することができます(過去に販売されていたものでもOK)。

2019年に販売されているウォーター・シューターの種類とお値段は、こちらの記事をご参照ください!

【USJ】2019年に発売されているウォーター・シューター(水鉄砲)の種類とお値段まとめ

給水場所について

夏イベント開催中は、パーク内でウォーター・シューターを使うショーやパレードの開催場所周辺に、たくさんの給水所が設置されています。

先ほどのマップに給水所の場所(オレンジ色の〇)も記載されていますので、チェックしておきましょう。

開催時間が近づくと、給水所はウォーター・シューターを持った子どもさんで大混雑しますので、早めに満タンにしておくのがおすすめです。

ウォーター・サプライズ・パレードの様子

それでは2019年のウォーター・サプライズ・パレードを体験した様子をご紹介していきたいと思います。

全鑑賞エリア立ち見

ウォーター・サプライズ・パレードは道路にフロートが登場しますので、ゲストは歩道の上から鑑賞することになります。

鑑賞場所は全て1列目から立ち見になります。屋外での鑑賞ですが、真昼間に開催されることもあり、日陰部分はほとんどありません。水濡れ対策とともに、暑さや日焼け対策も必要ですね。

混雑日などは1時間以上前から場所取りをしている方もおられます。レジャーシートでの場所取りは可能ですが、開催10~15分前くらいにはレジャーシートはたたんで、立って待つようにアナウンスがあります。

鑑賞エリアでは周りのゲストの迷惑になるので、日傘・雨傘の使用は禁止です。また、基本的にUSJではショーやパレード鑑賞時に子どもさんの肩車も禁止されています(抱っこはOK)。

登場するフロート紹介

ウォーター・サプライズ・パレードのフロートをご紹介していきます。基本的には2018年とだいたい同じですが、ちょっとリニューアルしている所もありますよ。

1番の違いは「エクストラ・クール・サマー」がテーマの今年は「ク~~~ル、サマー!!」のダンスと掛け声ですね。

①グローブ(地球)のフロート

先頭のフロートは、ウォーター・サプライズ・パレードのロゴが付いた、グローブ(地球)のフロートです。

②南国風鳥(ラテン)フロート

南米のカラフルな鳥、オオハシやベニコンゴウインコをイメージしたコスチュームに扮したキャストさんが乗っています。

③スヌーピー(ラテン)フロート

先頭にはスヌーピー、進行方向に向かって左側にはチャーリー・ブラウン、右側にはルーシーが乗っています。

④パラソル(ヨーロッパ)フロート

パラソルを持ったキャストさんが乗ったミニフロートです。

⑤セサミストリート(ヨーロッパ)フロート

先端には女性キャストのシンガーと、ピアノがデザインされている、セサミストリートのフロートです。進行方向に向かって、右側にはエルモ、左側にはクッキーモンスターが乗っています。

⑥クジャク(インド)フロート

カラフルなクジャクのフロートには、ビニール素材の大きなヘビを身にまとったキャストさんが乗っています。

⑦ハローキティ(インド)フロート

インド風のデザインの、ハローキティのフロートです。キティちゃんは1番高い所で、右を向いたり左を向いたりします。また、進行方向に向かって左側にはダニエルが乗っています。

⑧ミニオントラック(アメリカ)フロート

アメリカの国旗デザインのトラックのフロートです。ミニオン(ボブ&ジェリー)が乗っています。

⑨ミニオン自由の女神(アメリカ)フロート

サングラスをかけた自由の女神のフロートには、ミニオン(スチュアート&ケビン)が乗っています。

水かけバトルを楽しもう!

初めはウォーター・シューターで攻撃してくるキャストさんですが、シューターの次にはバケツでの攻撃です!この頃には、シューターの水がなくなっているので、もうひたすら濡れるしかない状態に!

大きいフロートにはホース付きのシューターが設置されていますので、フロートからの放水も激しいですよ。

360°びしょ濡れ!特別エリアの放水量は、想像以上にハンパないです!今年はほんとに、どこにも逃げ場がないですよ。

誰でも無料で使える更衣室情報

ビショ濡れイベントがたくさん開催されている夏のUSJでは、下着までボトボトになるのはザラです。夏イベント開催中限定で、更衣室が無料で開放されていますので、着替えをする時には利用しましょう。

更衣室はステージ18

更衣室として無料開放されているのは、ステージ18です。

ステージ18は、パークのエントランスに近い場所にあります。エントランスを通ったら、すぐ左手側にハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのレール下を通る道があります。そこを進んで行くと、突き当りがステージ18です。

ちょうど「ワンピース・ウォーターバトル」の開催場所の近くです。

解放時間

更衣室の利用は、パークの営業時間よりも短いですので注意しましょう。

無料で開放できる時間は10:00~18:00です。

更衣室の中はどんな感じ?

更衣室内にはロッカーはありません。手前の部屋は男女混合で利用できる場所。10個ほどのフィッティングが左右に並んでいます。このフィッティングは、男性優先となっています。

この部屋の床はカーペットみたいになっているので、小さいお子様の着替えなども、ここでできます。

この間を通り抜けて、奥へ奥へと進んだ先が、女性専用の更衣室となっています。出入り口には黒いカーテンがあり、中が見えないようになっています。

女性専用更衣室は本来は通路となる部分ですので、フィッティングなどは設置されていません。

さいごに

2019年の夏イベント「エクストラ・クール・サマー」の1つ「ウォーター・サプライズ・パレード」を体験した様子をご紹介しました。

濡れてナンボのUSJのびしょ濡れイベントの中でも、場所によってはずっぶずぶになること間違いなし!

真夏は濡れると涼しくてクールダウンできますし、服もすぐ乾いちゃうので、ぜひぜひ頭から水をかぶって、爽快感&達成感を感じてみてはいかがでしょうか。

ミニオンやエルモ、クッキーモンスターなど、このパレードでしか見ることのできない、夏限定のコスチュームも見どころです。