とっておきの1枚を!SNS映えするUSJのおすすめ写真スポットは?

USJといえば、カラフルでポップなスポットがたくさんあるので、どこを撮っても絵になります。

今回は、中でもSNS映えするおすすめの撮影スポットをご紹介します!

スポンサーリンク

定番スポット「地球儀」を上手に撮りたい!


flickr

「USJに来た!」をアピールするには、やはり定番の地球儀前の写真

地球儀全体と人物の表情をしっかりおさめるためには、人物が地球儀から少し離れて、カメラに近づく感じで撮ることをおすすめします。

ジャンプした瞬間などを撮るとUSJの楽しさが伝わりやすくなります。夜のライトアップも素敵なので、そちらもチェックしてみてください。

SNSで人気のスポットはどこにある?

ピンクカフェ<ハリウッドエリア>


Instagram

スイート系のインスタグラマーさんに人気の「ピンクカフェ」はハリウッドエリアにあります。

ピンク一色で、どこを撮ってもかわいい!がいっぱいです。入口やオーダーしたフードの写真が人気ですが、見落としがちでおすすめなのが壁のモチーフです。

Instagram

フードや店内での飲食シーンを撮る時には、ぜひバックに壁のモチーフを映り込ませてみてください。

フィネガンズバー&グリル<ニューヨークエリア>


Instagram

ニューヨークエリアの「フィネガンズバー&グリル」前に停車しているイエローキャブや、STOPの標識もSNSで人気の撮影スポット。


Instagram

ボンネットに肘をついたり、STOP標識にもたれかかったり、とびきりキュートななりきりポーズで撮ってみましょう。イエローキャブを真横から撮るのも、違った雰囲気になるのでおすすめです。

スポンサーリンク

とにかくカラフルな写真が撮りたい!

HONEY DUKES<ハリーポッターエリア>


Instagram

カラフルでSNS映えする写真を撮るには、ハリーポッターエリアの「HONEY DUKES」や「マダム・パディフット・ティーショップ」が定番スポット。他の人が映らないように撮りたい時は、朝イチがおすすめです。

ユニバーサル・ワンダーランド内のアトラクションは、どれを撮ってもキャラクターがカラフルなので絵になります。撮る時は、手前のフェンスが映り込まないようにするのがポイントです。


Instagram

夜のパークもキレイに残そう!

サンフランシスコエリアの夜景


Instagram

サンフランシスコエリアは、USJ内で落ち着いた雰囲気のある景色を撮るには一番のおすすめエリアです。停泊している船や、魚やカニの描かれた看板などがキュートです。

西海岸の様子を写すポイントは、サンフランシスコエリアから撮らないという点です。異国情緒たっぷりな写真を撮るには、ぜひ、エリア反対側からのサンフランシスコエリアの夜景を狙ってみてください。

小物を効果的に使ってオリジナルな1枚を撮ろう!

定番のバタービール


Instagram

小物を効果的に使った撮影をすると、より楽しさが鮮明に残せます。例えば、ハリーポッターのホグワーツ城は手前の川のところから撮るとキレイですが、その際には手に持ったバタービールを映りこませてみると臨場感を出すことができます。

おしゃれなグラマシーパーク♪

Instagram

天気の良い日は、グラマシーパークの芝生もおすすめです。ローアングルから撮って、USJらしい風景を撮っても良いですし、芝生に寝転がっているところを上から撮っても楽しいでしょう。その際は、パーク内で付けていたカチューシャやサングラス、フードなどの小物を一緒に映すようにすると、USJらしさが出るのでおすすめです。

さいごに

写真を撮ってSNSに載せることをUSJの楽しみの1つにしている人も沢山います。とっておきのシーンを臨場感あふれる写真で伝えたいものです。

自分で撮るのも楽しいですが確実にキレイな写真を残したいという人は、フォトオポチュニティを利用してみてはいかがでしょうか。ワンダーランドの「ハローキティのリボン・コレクション」に行けば、キティちゃんと撮ることもできますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク